就活女優サイト
初めての方へ就活女優とは?就活女優の軌跡プロフィール女優のお仕事日記オフショット日記メイン就活就活女優パート1就活女優パート2ベリベリショートベリベリショート1ベリベリショート2就活企画シュウカツ定食就活写真

就活女優DVD

ハラカナのビューティー番長

Quick.tv


エキゾチカ

空

  ほっと一息、来年に向けて

昨日は、目覚ましをかけずに好きなだけ寝ようと思ったら、なぜか8時くらいに目が覚めて。

朝から家の大掃除をするが、普段から部屋はきれいにしているので、そんなに時間がかからず終わり。

年末の買い出しに行ったけど、特に買うものもなく。

つーかどうせ1月はバーゲンだし、その時にいろいろ買おうとか思い。

ホットヨガに行き、ピラティスを初体験して、今年最後の汗をかき。

夜は、いつもお世話になっているネイキッドの忘年会に参加。

久しぶりに次の日を気にせず、調子にのってお酒を飲んだら、帰る頃(深夜4時頃)には気分悪くてグッタリ (~_~メ)

ウコンの力を借りて、今はなんとかすっきりしてる (+_+)

ウコンってほんと効くよね。

いやーそれにしても、やっと今日になって、2006年がもうすぐ終るんだなっていう実感が湧いてきた。

今年一年は、私にとって激動の一年で、特に後半はクラクラするくらいいろんな事が変化していった年だったなあ。

DVD発売が決定したことで、それまでなんだか煮え切らなかったモヤモヤしていた気分が吹き飛んで、というかズンズン進むしかなくなって、変わらざるを得なくなって、結果的にそれが良かったんだと思う。

いろんな人との出会いがあって、そのすべてが素敵で、いつも私は周りの人に恵まれているなあと改めて思った年でもあります (^_^)

来年は、いろんな意味で勝負の年。

今年まいた種を、一つ一つ実らせなくてはならない年かなと。

そして、女優として、もっともっと上を目指していきたいなと。

こんなもんじゃ終れない。

決して楽な一年ではなかったし、2007年も悪戦苦闘することは間違いないけれど、自分を信じて、周りのスタッフを信じて、ファンのみんなの期待に応えていきたいと思います。

いつもこのブログを見てくれているみんな、どうもありがとう?

来年も引き続き、こんな私ですが、応援よろしくね。

良い年末年始をお迎えくださいませ〜?



2006年12月30日 16:45 | コメント(2) | トラックバック(0)



  2006年ももうすぐ終わり

00058_02.jpgあっという間に28日じゃん!!

なんか今年は全然実感ないなあ…

昨日無事年内のドラマ撮影がすべて終了して、今日のGYAOジョッキーが今年最後の仕事 (^_^)?


その名も

『2006年年忘れスペシャル!!!』

今日は、私の2006年を振り返ろうと思いまっす。

みんなは、もう冬休みかな?

今年はみんなにとって、どんな1年だったかな?

チャットにもどんどん参加しちゃってね!

私と一緒に1年を振り返ってみよ〜(^0^)/



2006年12月28日 11:01 | コメント(7) | トラックバック(0)



  クリスマスの思い出

00028_02.jpg私は小学校4年生のクリスマスまでサンタさんを信じていました。

その年の7月に弟が生まれ、生まれたばかりの弟の世話でてんやわんやだったリンコが、クリスマスに手紙をくれて、その手紙を読んで、サンタさんがいないことを知りました。

10歳になったばかりのクリスマス。

「今年はカズ(弟)のお世話が忙しくて、クリスマスプレゼントを買う余裕がなくて、手紙にしました。

プレゼントじゃなくて、ごめんね。

お姉ちゃんになったカナちゃんは、いつもお母さんのお手伝いをしてくれて、本当に助かっています。

カナちゃんは、昔から本当に手のかからないいい子で、お母さんの自慢です。

これからもお母さんのお手伝いをしてね」

というような内容の手紙でした。

この手紙を読んで、私は確か、トイレで号泣しました。

泣いているのを見られるのが恥ずかしかったからだと思います。

プレゼントなんか比べ物にならないほど嬉しくて。

弟ができたことで、いきなりお姉さんらしくなって、弟の面倒はもちろん、勉強も習い事も何もかも自分で自分のことはしっかり出来る子供になりまして。

そして特に反抗期もなく、高校卒業まで、わりといい子で。

…今が一番心配をかけているかもしれない…

…それにしても

プレゼントくらい買ってきてくれてもよかったんじゃないのか…父(-_-)

ナオトさん、今年うちにはサンタさんは来ませんでした(T_T)
ま、その前にプレゼントのお願いしてないんだけどさ。
あ、でもドラマのヘアメイクさんがプレゼントくれた?

写真は、1歳の弟と11歳の私?



2006年12月25日 19:59 | コメント(4) | トラックバック(0)



  みんなはどんなイブを過ごしているんだろう…

イブ。

まー普通に今日も一日仕事で。

ここに書くような特別なこともなく。

家に帰り着いた頃にはヘトヘトで。

明日も朝から撮影だし、お酒を飲む気にもなれず。

自分とバーチャルデートして、自分とキスしてハッピーエンド。

…一人ですが何か?



2006年12月24日 22:21 | コメント(5) | トラックバック(0)



  師走

00097_02.jpgなんだかここのところバッタバタで、全然日記を書けなくてごめんなさい… (-.-;)

「冷えてる場合じゃない!」の方は、携帯から更新できるのでわりとこまめに更新できてるんだけどね。
うんうん。

今日も朝から寒い中ロケでした〜。

だんだんロケが辛い時期になってきたわ。

そろそろ年末の予定も徐々に決まってきていて、何とかお正月は実家に帰れそうなので、とりあえず寂しいお正月を過ごさなくて良さそうなので安心(笑)

その前のクリスマスも、現場で過ごせるので安心(苦笑)

年賀状の準備もそろそろ本格的に始めなきゃ…

友達のバースデープレゼントも買いにいかねば…

今年は忘年会はほとんど行けそうにないね。

年末は何かとバタバタであっという間に新年なんだろうなあ…

田原さんは「ハラカナイト」の1回目にゲストで出演されたアディダスがお好きな方ですよね?>
そうですよ!田原さんからは、事務所の方にもお電話いただいてたみたいで、アディダスのプレゼントを用意してくれているという噂?
私のバースデーをみんなでお祝いしてくださって、ありがとうございます!!>スポーツライターIZUMIさん



2006年12月16日 18:26 | コメント(7) | トラックバック(0)



  ★25歳のバースデー☆

00082_01.jpgわお!

みんなたくさん書き込みありがとう(>_<)!!

今帰ってきてブログ見てビックリした!!

めでたく今日25歳になりまして。

ドラマの現場ではみなさんにサプライズのお祝いをしていただき、大きな花束と大きなケーキをいただき。

空き時間に抜けて遊びに行った下北沢のアドカフェでは、ネイキッドのスタッフのみんなにバースデーお祝いしてもらい。

アドカフェのスタッフさんからケーキをサービスしてもらい。

00086_02.jpg花束たくさんもらい、ケーキをたくさん食べ、たくさんの人に囲まれて、本当に幸せなバースデーを送る事ができました。

みなさま、本当にありがとうございましたo(^-^)o

今日がほんとに幸せだったんだよってのを日記に書いて寝たくて…(*_*)zzz

明日も一日撮影頑張ります!

25歳の誕生日が女優として過ごせたので、26歳の誕生日ももっともっとレベルアップした原田佳奈で現場でバースデーが過ごせますように(笑)!



2006年12月11日 23:59 | コメント(12) | トラックバック(0)



  一足先に…☆

00077_01.jpgきれいなシクラメン(*_*)!!

これは、今撮影している昼ドラのプロデューサー、アンテンヌの高橋さんが誕生日プレゼントで一足先に送ってくださった鉢植えです。

「本当は誕生日当日に現場で渡したかったんだけど、花屋さんがすごいこだわってる花屋で、現場に届けると新鮮な花が届けられないから、直接送るしかなかったんだよ」

って。

高橋さんの伝言を事務所の社長から聞きました。

もうほんとにほんとに嬉しいです(T_T)?

観葉植物欲しいなあって思ってたから、まさにドンピシャって感じで(笑)

しかも、花屋さんがこだわってるだけあって、超きれいでしっかりしたシクラメンで、大切にお世話すれば半年くらい持ちそうだもんね。

今日のリハーサルの時に、高橋さんにお礼しようと思ったんだけど、いらしてなかったので、明日現場でお礼しよっとo(^-^)o

嬉しいなあ…

ああ…もうすぐ25歳だあ…



2006年12月10日 21:35 | コメント(28) | トラックバック(0)



  独り言

10041_01.jpg昨日今日は撮影がなかったので。

「就活定食をうちの大学でもやってください」

と応募してきてくれた学生の大学に行って学食の店長と話したり、GYAOジョッキーで生番組やったり、2007年版就活女優のメインビジュアルの撮影をやったり、別企画の打ち合わせをしたり、台詞覚えたり…

いろいろ盛りだくさんであっという間にこんな時間。

どのくらいからだろう。

9月くらいからかなあ。

いや、徐々にずっとだな。

明らかに昔と違うなあと思う事は、

「責任の重さ」

いろんな意味でいろんなことの責任が大きくなってきていて、もっともっと自分で自分の意志を周りに伝えていかなくちゃいけなくなっているってこと。

考えてみたら当たり前のことなんだけど、いつも実感するのが遅い自分ってのが変わってないなあと(苦笑)

私はいつも周りの人たちに恵まれていて、それは私の宝物だなあと思うのと同時に、あんま甘えちゃいけない、しっかりしろ、ハラカナ〜って思いつつ、明日からも頑張るのであります。

そして、いつもこのサイトをチェックしてくれているみんなの期待に応えられるように、志高く、気持ち新たに頑張りまっす。

ってなんかこのタイミングで気合い入れてみた。

よろしく☆(*_*)★

写真はGYAOジョッキーの楽屋にてパチリ。



2006年12月 8日 23:59 | コメント(5) | トラックバック(0)



  動物の本心

00073_02.jpgこの猫、どなたの猫ですか?

実はこの猫、勝手にうちに上がり込んできたの!

昨日ね、外出しようと玄関のドアを開けたら、すぐ目の前にこの猫が座ってて。

「うわ〜!」

ってビックリしてる間に、スルリと家の中に入ってきちゃって。

「ちょっと〜ダメダメダメダメ〜」

…しかし猫は余裕かまして部屋の中をうろうろ。

「…まじ…?」

けっこう大きい猫で、私動物抱っことか出来ないから(とくに大きな動物)、一人で超ビビってて。

猫に向かってひたすら

「出て行ってよ〜、何なのよ〜、お願いだから〜、も〜、ほらこっちおいで、ほら〜」

って必死で話かけるも完全に無視。

終いにはベットの下に隠れちゃって出てこなくなっちゃって。

「あの〜私今から出るのね。君が出てこないと出れないのね。お願いだからそこから出てきて!」

…でも私が怒れば怒るほど、猫は知らんぷり。

うう(:_;)

完全にお手上げだった私は、近所に住んでる友達にSOSの電話。

運良く近くにいた友達が家に来てくれて、猫を見て、

「あ〜超毛並みきれいだね〜。首輪もしてるし飼い猫じゃん。ほら〜こっちおいで〜」

速攻猫に心を許している友達、かっこい〜。

動物と心を通わせられる人、尊敬する〜。

優しく話しかけていた友達も、猫の様子を見て、

「こういうときはほっといたら出てくるよ。あ、撮影はどう?順調?」

と余裕かまして世間話を始める始末。

「え〜でもずっと出てこなかったら、どうするの〜〜(T_T)」

私が一人で泣きそうになってたら、少しして猫がのっそりベットの下から出てきて玄関の方へ。

すかさず友達が玄関のドアを開けると、スルリと出て行きました。

いや〜、すご〜い。

動物嫌いなわけじゃないけど、飼おうとは思わないのは、動物って本当のところ何を感じているのか、何を考えているのかわからないからなんだよね。

嬉しいとか、お腹すいたとか、遊んでほしい、とかはわかったとしてもさ、本当はこんな服着たくないとか、餌はもうちょっとこういうのがいいのにとか、寝かせとけよ!とか思ってるかもしれないとか思うと飼えない(苦笑)

私はたまに道ばたで見かける程度で十分ですわ(*_*)



2006年12月 3日 22:22 | コメント(13) | トラックバック(0)



  U2フィーバ−★

00064_02.jpg昨日は行ってきたさ、念願のU2ライブ!

何とかスケジュール調整できて良かった!

もうね〜、やばかったよ。

ボノが見えた瞬間、感動して泣いちゃったもんね。

大画面に映っているメンバーを必死に見つつ叫びつつ歌いつつ感動しつつ…ん〜幸せ?

やっぱり圧倒的な存在感と歌声で、ほんとかっこよかった!!

も〜ボノったらセクシーすぎ(>_<)!!

でもね、ほとんど肉眼で見れなかったの…(T_T)

アリーナで椅子とかないから、U2が出てきた瞬間、どわわわわわって人が前に押し寄せて、危うく窒息するとこだったよ (-.-;)

こういう時、背が180?くらいあったらよかったのになあ…って思う。

ああもうちょっと肉眼で見たかったなあ…生ボノ(*_*)?

結局ね、チケットは少し無駄になっちゃったけどf^_^;

でも、そんなことはいいのいいの。

あれが見れただけで、

「明日からまた頑張って行きましょ〜!!」ってなれたし。

そして、今日のミュージックステーションにU2出るから!

見るしかないから!!

ということで、U2行けましたよ>shionさん
確かに、音楽を純粋に楽しむ感じのシンプルなライブだった。
メッセージがたくさんつまったステージだったし。
『共存』という文字が大画面にドドーンと出たりね。

GYAOは何だか混乱させてしまってごめんなさい!!>玉サブローさん
キャシーにお悩み読まれることを祈ってます(笑)



2006年12月 1日 15:19 | コメント(9) | トラックバック(0)



  ごめんなさい…

00029_01.jpg今日も朝から深夜までスタジオで撮影やってました。

そして、みんなに謝らないといけないことがあります…。

今日のGYAOのハラカナイトに、生出演できなくて本当にごめんなさい(>_<)!!

早速2回目から番組が危うい… (~_~メ)

どうしても撮影が終わらなくて、ハラカナイトに駆けつける事ができませんでした。

私の代わりに番組を進行してくれた済田ディレクターと小林ディレクター、本当にお疲れさまでした!!

どうなったんだろう…大丈夫だったのかなあ…

撮影帰りの車の中で聞いた噂では、VTRが流れなくて大変だったとか何とか…

う〜ん、ごめんねえ…

来週からはちゃんと私がハラカナイトしきっていきますので、引き続きGYAOをよろしくお願いします!!



2006年11月29日 23:59 | コメント(6) | トラックバック(0)



  みんなのお悩みで心がホットに

5jo_.jpgさむーい(>_<);;;

今シーズン一番の寒さだってよ!

こんな日に限ってロケ…

いや〜ベンチコートはほんとあったかい。

普段からベンチコートでいいんじゃないのってくらいあったかい。

「カット」がかかる度にベンチコートを持ってきてくれる衣装さんやヘアメイクさんが神様に見える…(*_*)

でも、もっともっと寒い過酷なロケをたくさん経験してきたので、はっきりいって序の口です!!

そして、みんながお悩みたくさん書き込んでくれるので、それを読んでると笑えてきて暖かくなります。

あ、真剣に悩んでいる人、ごめんなさい。

でも、みんな面白すぎ。

これ悩みなのか!?みたいな。

キャシーが来週のGYAO生番組で解決してくれると思うので、お楽しみに★

U2のチケットはぼちぼち売れてます(笑)>sanaさん

U2以外は、エルビスコステロとかリッキーリージョーンズとか…わりと洋楽が多いよ>にゃんちゅうさん
あ、でもミスチルの「しるし」はいい曲だと思う!

U2のPVにサマンサ・モートン?
えーどれどれ??>バッハさん

DVDは…まじやばいです。
言葉ではこの感動は伝えきれません>ロックTさん

U2おすすめの曲かあ…いっぱいありすぎて難しい…f^_^; >にょさん

今回のDVDは、イタリア、ミラノでのライブ映像が収録されてるよ>サイコキラーさん

「ゆーに」じゃない!!(笑)
「ユーツー」です。>綾さん

編集ね、そうですね、なんで誰も突っ込んでくれないんだろう…苦笑
GYAOはアーカイブ化されるので、生じゃなくても見れますよ>おさむしだましさん



2006年11月25日 18:28 | コメント(17) | トラックバック(0)



  U2買っちゃった?

00086_01.jpg今日は久々の一日オフだったので。

いろいろ溜まっているものを、編集とかお洗濯とか冷蔵庫の残り物とかを、

一気に片付けつつ、用事があって新宿へ。

そして、ひょっこり寄ったTSUTAYAで…見つけちゃった!!

U2のベスト!!!DVD付き!!!

やっべ…超かっこいい…

店頭のモニターで流れていたライブ映像をちょっと見ただけで、体の中からメラメラ…

即購入(-_-)

一刻も速く見たくて、駆け足で帰宅。

でも、編集が終らずまだ見れてない…(T_T)

よし、編集は明日にしよう。

今から見ちゃお〜(>_<)?



2006年11月23日 23:07 | コメント(18) | トラックバック(0)



  GyaOジョッキーでハラカナイト☆


本日22時より、GyaOの新コーナーGyaOジョッキー内にて、初の生番組「就活女優☆ハラカナイト」という番組をスタートします!

今、本番待ち中…(-_-)ドキドキ
本番中に番組を見ながらチャットもできちゃうので、
どんどん書き込んで、私を助けてください(笑)

あと、Macユーザーの人はGyaOは視聴できないらしいです。ごめんなさい。
ユーザー登録をしないと見れないらしいので、今のうちに登録しててね!

これから毎週やるのでぜひお楽しみに!
それでは本番いってきまーす☆



2006年11月22日 21:29 | コメント(4) | トラックバック(0)



  独り言

毎日のように書いていた日記がなかなか書けないとむずむずしてくるんだけど実際書く事もそんなにないし、ってか書けないことが多くて面白くないし、それよりはやく寝たいなと思ってしまい、でもむずむずして寝付きが悪そうなので、とりあえず何か書こうと思ったけど、やっぱ書く事ないので寝る…(T_T)

楽屋がネット繋がれば最高なのに!

ってかせめて携帯からブログアップできればいいのに!

と言い訳。

…ふう。

寝よ。

明日はドラマの撮影の後に、キャシーにならないといけないし(*_*)

ハードだあ…



2006年11月21日 23:59 | コメント(7) | トラックバック(0)



  ぬくぬく〜

00072_02.jpgついに こたつ 出した。

そして  おふとんも  ぶあつい 羽毛布団に。

ああ…どちらもあたたかい〜

幸せ(*_*)

遠赤外線ヒーターと こたつで 毎年冬を乗り切る私。

アンチ暖房。

朝起きるのが辛くなってきたね。

明日も朝5時起き!

がんばりま〜す(-_-)



2006年11月19日 21:54 | コメント(12) | トラックバック(0)



  健康一番

00070_02.jpgみんな〜、たくさんお悩み書き込んでくれてありがと〜。

みんなのお悩みは、ちゃんとキャシーが解決してくれると思うので、その時までお楽しみにということで (~o~)

私もキャシーにお悩み相談してみようかなあ…

「冷え性が治りません。どうやったらホットな毎日を送れますか?」

ああ…何を言われるか想像できるー…

ここんとこほんと寒いね。

今日も朝からドラマのリハやってて、室内に暖房きいてて乾燥しまくり… (~_~メ)

保湿せねば!

体調管理も!

お昼はスタジオの近くのお蕎麦屋さんで、

「さくさくトロロそば」

を食し、少しだけホット&健康に。

ま、こんな感じで長丁場頑張ってま〜すq(*_*)p



2006年11月18日 22:02 | コメント(4) | トラックバック(0)



  ボーっとしてみた

うん、確かに目が充血してるように見えるね>ばべる?さん

でも大丈夫よ。充血してないから。

確実に血が足りてないけどね、今。

「献血お願いしま〜す」って街で声かけられて

「人にあげている場合じゃない」って心の中でいつも思う。

今日は、空き時間にカフェに入って、

「ちょっと休憩」

とか思ってぼーっとしてたら、果てしなくぼーっとしてしまった…

モ、モ、モヤモヤ…

にょ…なんだこのモヤモヤは!

別に何も問題ないんだけど、なんだかモヤモヤしてしまうこれは何なんだ!!

ふう…微妙な年頃ってことなのか…

やばいやばい…モヤモヤスパイラル来ちゃう…

とそんな時、タイミングよく大学のときの友達からメール。

「今月結婚しました?」

へー

………


ほんと最近多いんだよね、結婚します、結婚しました報告。

私は少なくともあと5年はフリーダムを楽しむぜってなぜかその瞬間に腹をくくった私。

20代中盤ってのは本当に微妙な年頃なんでそこんとこよろしく>男性諸君

同年代の女子たち〜、なんかいろいろモヤモヤしちゃう年頃だけどさ、仕事とか自分のこととかそこらへんとりあえずちゃんと頑張ってこ〜

私はとりあえず今からおいしいもの食べるけどね。ふ。



2006年11月14日 18:56 | コメント(9) | トラックバック(1)



  お悩み募集中!



2006年11月13日 15:26 | コメント(42) | トラックバック(0)



  『ウーマンリブ先生』

大人計画の舞台を見に池袋へ。


大人計画の舞台は、ビデオでしか見た事がなくて、ビデオで舞台を見るというのは、よっぽど面白くない限りかなり退屈なんだが、大人計画の舞台はビデオで見ても面白くて。

そして今日生で見たら、やっぱりかなり面白かった。

個人的には、松尾スズキさんの妙な動きと荒川良々さんの台詞回しがツボでっす(>_<)!


『恋のから騒ぎ』で共演した平岩紙さんも意外なキャラやってて面白かった。

実は『恋から』の撮影の空き時間に、紙さんに大人計画の裏話をたくさん聞いちゃったんだよね…くくく(*_*)

しかし舞台って、一日2回とかやったりするけど、ほんとすごいな〜って思う。

くたくたになるよね、あんなの2回もやったら。

でも、見ている人は初めて見る訳だから、「今回は疲れてたから調子がでなかった」なんて許されないもんね。

当たり前だけど、なかなか大変なことだよね。

私も来年は舞台に出れるチャンスがありそうなので、舞台の役者さんの芝居を見ていろんなものを吸収させていただきました。



2006年11月12日 20:08 | コメント(5) | トラックバック(0)



  昼ドラ撮影開始

00072_01.jpgついに今日から昼ドラの撮影が始まったよ。

初日だったにも関わらず、すーっと現場になじめて、終止穏やかなムードで撮影が進行。

これからもっともっと現場が楽しくなっていきそうな予感o(^-^)o

ま、これも最初だけかもしれないけどね!(苦笑)

明日も一日中撮影だぽん。



2006年11月10日 17:31 | コメント(5) | トラックバック(0)



  U2のライブチケット

バタバタしていてすっかり忘れていたよ…

9月の中旬にプレリザーブしたU2のライブチケット12枚…

U2が来日すると知った日から
「絶対ライブ行きたい!」って思ってて、プレリザーブの日に速攻予約したわけね。

3日間あるから、とりあえず全部予約しといたわけ。

「ま〜全部チケットとれちゃったとしても、全日行けばいいや〜」
なんて気楽に考えて。

一人一日4枚までだったから、

3日×4枚=12枚

…そしたら全部とれちゃって。

「すごーい全部とれちゃった!ラッキ〜。全日行っちゃおっかな〜」
なんて思っていたら…

昼ドラの撮影が入り行けるか微妙に (-.-;)

おい!全部とれちゃってどうするんだこの12枚のチケット!!!

もうすでにチケット代が引き落とされているらしいので売らねば!

あわわわわわわわ。

…行きたーい(T_T)



2006年11月 9日 21:55 | コメント(6) | トラックバック(0)



  自分にプレッシャー

00070_01.jpg「この1年が勝負だな。これ逃したらちょっと難しいかもな」

今日フジのディレクターさんにこう言われた。

そうそうそう。

ほんとそう。

だからあなたがまず使ってくれればいいんですけど…

そんなに私のこと褒めるなら使ってくださいよ。ね。

そして、私はそこで結果を出さなければならない。

絶対に。



2006年11月 4日 23:53 | コメント(8) | トラックバック(0)



  初連ドラ顔合わせ

00068_01.jpg今日はTBS昼ドラ『愛の劇場』の顔合わせでした。

はい、初めての連ドラとは昼ドラでした〜?

顔合わせとは、ドラマの全キャスト、スタッフが集まって、自己紹介やら本読みやらこれから撮影頑張って行きましょーやらを交わす場です。

初めての連ドラ、しかも主要キャストということで、たくさんのスタッフに囲まれての顔合わせは初めてだったので、最初ちょっぴりドキドキしたけど、同時に

「ああ…始めるんだなあ…楽しみ〜」

ってワクワクしてきたよ。

でも昼ドラは撮影が超ハードだと聞いたけど、一体どのくらいハードなんだろう…

ま、ハードはハードで楽しみたいなと思っているけどねo(^-^)o

ということでTBSでした!>ばべる?さん

オンエアはだいぶ先になっちゃうんだけど、毎日私を見てもらえるのは本当に嬉しい(>_<)?

面白いドラマにしていきたいです!



2006年11月 2日 19:14 | コメント(10) | トラックバック(0)



  海外旅行をプロデュース☆

00066_01.jpg今日は『東京ウォーカー』の取材でした〜。

なんと私ハラカナが、『東京ウォーカー』でマップツアーさん監修の元、海外旅行のプロデュースしちゃいます!!

就活終って大学卒業する前とか、就職して2〜3年経って、なかなかまとまった休みが取れないOLさんやビジネスマンへ向けて、安くて短期間で近場で楽しめる海外旅行をプロデュースします!

12/14発売の『東京ウォーカー』に、今日取材した特集が掲載されて、さらに12/24にフリーで配布される『東京ウォーカー海外旅行スペシャル』で、私ハラカナのインタビューに加え、ハラカナおすすめのスポットや海外旅行のお得なプランが掲載されます。

いや〜海外旅行行きたいいいい…

今日いろいろ話しててさ、「あ〜ちょっとちょっと海外行きたいわ!」ってすんごく思った!思っちゃった!

ま、ドラマ撮影のため来年の1月いっぱいは無理なので…(T_T)

当分は仕事です仕事!

ちょうど1月末〜2月が海外は安いので、その辺狙って行くのだ!!
絶対行くのだ!!

写真は、今日の撮影時にパチリ。

左からクエストルームの三木さん、私、スタイリストの生野さん、左下がカメラマンの柴田さん、右下がヘアメイクのみさっち。

みさっちとは今日が3回目だったんだけど、もう5年くらい一緒に仕事してるみたいな感じで!(笑)

もうすでに「あ、うん」の仲。

次もヨロシクお願いします(^0^)/?

カメラマンの柴田さんは、撮ってる最中に「にゃ〜」って言うの(笑)

生野さんが用意してくれたスタイリングもすっごくかわいくて、いろんな写真たくさん撮って、ほんとに楽しい撮影でした。

みんな〜、『東京ウォーカー』是非見てね!

たまには自分へのご褒美で海外旅行なんていかが?



2006年11月 1日 20:19 | コメント(2) | トラックバック(0)



  前髪作る

00034_01.jpgドラマの役作りのため、前髪を作った。

大学生の役なので、ちょっと幼く見えるように。

ほんとは後ろもばっさり切りたかったんだけどね。ボブくらいに。

そろそろ長いの飽きてきたので。

でも自動的にボブは来年に持ち越されます…

ん?何のドラマかって?

ふふふ…それはまだ教えられないんだごめんよ。

初めての連ドラです。

しかも今までやったことのない役柄なので、かなり楽しみなんだよ。

ふふふ…



2006年10月31日 21:03 | コメント(12) | トラックバック(0)



  何よりも大切なこと

00011_01.jpg今日も取材ともろもろ打ち合わせ。

そんな毎日が慌ただしく過ぎて行くなかで、おめでたいニュースが飛び込んできた。

同じ事務所の矢柴さん(就活女優作品でもおなじみの役者さんです)にお子さんが産まれたという知らせが。


奥さんは4日間も陣痛に苦しんで、その間矢柴さんは撮影現場と病院を行き来して、産まれたその日も、現場に行く1時間前にギリギリお産に立ち会えて、子供が無事産まれた1時間後に、刑事役で小柳ルミ子さんを連行していたらしい。

この人生の滑稽さったらないよね。

「この業界はシンプルじゃない世界だけど、もしかしたら人生には大事なものが芝居以外にもあるのかもね」

おめでとうメールの返事で矢柴さんから送られてきたメールを読んで、私は思わず泣いてしまった。

赤ちゃんの写真を送ってくれて、本当に小さくて、頭もふにゃふにゃでさ。

こういう瞬間に、幸せってなんだろうとか考えてしまう。

矢柴さんみたいに

「芝居以外に大切なもの」

を見失いたくないなと強く思う今日この頃なのです。



2006年10月27日 19:54 | コメント(4) | トラックバック(0)



  身体が資本ですから〜

00059_02.jpg9ヶ月ぶりくらいに整体へ。

整体の先生は私の顔を見るや否や

「カナ、顔が大人になったな」

そして、体を触るや否や

「カナ、胃が弱ってるぞ」

胃…なぜ胃…

そして治療の最後に

「忙しくなっても体が歪んできたなと思ったらすぐ来なさい」

はい。来ます。

整体の先生は、体の歪みから、何を食べてるかとかどういう生活を送っているかとか全部わかっちゃうのね。

前は3ヶ月に1回くらいは整体行ってたんだけど、最近全然行けてなくて…

体の歪みはこまめに直したほうがいいっすね。

治療後だいぶ体が楽になりました。

最近は、空いた時間に編集をやっているので、目が疲れ、それが肩にきて、全身の疲れに繋がったのかなと想像する。

あ、編集自分でやってますよ>beeさん
そしてちゃんと寝てます(笑)
心配してくれてありがとう。

私、寝ないとダメなので、寝れるときに寝てるよ。
どこでもいつでも眠れるの。
眠くなくても、横になったらクークー…
おまえは赤ちゃんかよ!ってくらい (+_+)



2006年10月21日 23:30 | コメント(8) | トラックバック(0)



  エキゾチカ☆

QRコート?.jpg先日、カメラマンの塚田和徳さんに撮っていただいた写真がExoticaの携帯サイトで見れます☆


1週間に1回くらいのペースで新しい写真が更新されるみたいなので、みんなチェックしてみてねo(^-^)o

●DOCOMO
iMenu→メニューリスト→待受画面→グラビア→エキゾチカ

●ezWeb
ezトップメニュー→カテゴリで探す→画像・キャラクタ→グラビア→エキゾチカ

●vodafone
メニューリスト→壁紙・待受→アイドル・グラビア→エキゾチカ

下の方におりていくと、「就活女優ハラカナのページ」というコーナーがあります(>_<)?

コーナーまで作ってもらって嬉しい〜

アクセスが増えれば増えるほど、新しい写真がはやくアップされるようなので、是非みんなアクセスしてみてね☆



2006年10月13日 09:57 | コメント(4) | トラックバック(0)



  秋だね

ここのところ初めて書き込みをしてくれる人が増えて、すごく嬉しいです?

みんな、ありがとねo(^-^)o

みんなにたくさん見てもらえるようにこれからも頑張るね〜!

今日は今からとある新聞社で打ち合わせをしたあと、またしても大学の学食へ就活定食を広めてくるよん。

今日もいい天気だし、頑張って行きましょー!!



2006年10月10日 08:37 | コメント(3) | トラックバック(0)



  『アンフェア』撮影☆

00032_01.jpgかわいいでしょーこの子(^_^) ?

向井地美音ちゃんです。

実は今日は、劇場版『アンフェア』の撮影だったの。


で、美音ちゃんと共演しちゃいました!

空き時間に美音ちゃんと超仲良くなって、任天堂DSやってたよ。

犬育てるやつ。

でも、私の出番は今日で終わりだったから、たった一日だけしか遊べなかったね…うう…寂しすぎる(T_T)

こんな子供いたらいいな〜かわゆい〜

篠原涼子さんとは、あまり話せなかったんだけど、2年前共演したときと全く変わらず、飾らずナチュラルな感じが素敵でした?

00031_01.jpg今度は、もっとたくさん共演できるように、頑張るぞ〜(^0^)/

で、右の男性は、以前ワークショップを受けた事があるフジテレビディレクターの久保田監督。

『危険なアネキ』とか『医龍』とかのディレクターさんです。


たまたま今日のスタジオでばったり再会。

「お〜久しぶり〜、おまえ最近何か出てたよね?見たよ。今日はアンフェア?頑張ってんな〜頑張れよ〜」

はい、頑張りますので、是非来年1月クールの月9に入れてください?

「おれ、就活女優で1本作品撮ってやるよ」

はい、ありがとうございます、でも、それもいいけど、是非月9で使ってください?

あは。

思いがけず、久保田監督にも会えたし、撮影は無事終ったし、今日はいい日だったなあ。

みんな、『アンフェア』見てね。

来年3月公開予定です。


小鶴さん、書き込みありがとうございます!!

監督たちって誰だろう…気になるう…

お仕事ご一緒できたら素敵ですね★



2006年10月 8日 21:03 | コメント(17) | トラックバック(0)



  晴天

おはよう★

おとついの天気が嘘みたいに、気持ちいい天気だね。

今日は映画の撮影なので、昨日はホットヨガに行ってすっきりしてきたよ。

なんてったって、私のあこがれの女優さんと久しぶりに共演しちゃうからさ!

ま、私の出番はちょっとしかないんだけどね(苦笑)

猫叉庵 さん、『踊るさんま御殿』ではないんだなあ…(^_^)
でも、さんま御殿にも出れたら楽しそうだよね!

kawaさん、そうそう、深夜番組です。

オンエア日は、まだはっきりわからないの(>_<);;
わかり次第、ちゃんとお知らせしますので!!

みなさん、お楽しみに☆

では、撮影行ってきます!



2006年10月 8日 08:53 | コメント(4) | トラックバック(0)



  オンエアは見てね?

00026_01.jpg今日すごい風&雨だったね。

傘ごと吹っ飛ばされるところだった。

でも小さい頃傘を持ったまま体が浮いたときには、感動したなあ…

今でもたまにそうなんないかなあって思ったりするなあ…

ま、それはいいとして。

今日は某バラエティー番組の収録でした。

楽屋にてパチリ。

いやーバラエティー楽しかった。

詳細はまだ言えないけれど…予想外のことがいっぱい起こるし…

あー言いたいーけど言えないー。

ごめんね。オンエアまで待ってね。

私らしさが画面に出てればいいな…



2006年10月 6日 21:43 | コメント(10) | トラックバック(0)



  映画ってなんだ?

0005_01.jpg映画雑誌『QRANK』が11月10日発売の号を最後に休刊になるらしい。


ここんとこ、こういう純粋に映画や役者に焦点を当てている雑誌が少しずつ減っているような気がして寂しい。

音楽雑誌はあんなにいっぱいあるのにね。

映画って…なんだろね。

私はもともとほとんど映画を見てこなかった人だから、まだまだ映画を見る数も少ないんだけど、映画から受けた影響はけっこう大きい。

だから、映画に対して一種の「ロマン』みたいなのがあるんだけど、ここ最近それを自分の中で持ち続けるのが難しくなっているような気が。

「まー言ってもテレビ重要だよね」とかって、わかるんだけど、そこに本当の意味で納得できていない自分もいたり。

だからって挑戦しないうちから、決めつけるのは嫌なので、とりあえずトライはするのだけれど。

でもふと、「私は何がやりたいんだろう?」とか思ったりする。

思いながら、やることはやらなければいけないのでやる、みたいな。

うーん…

QRANKがいつか復活しますように。

QRANKパーティーで、ほうかさんとパチリ。

ところで今って映画って盛り上がってるのかな?

みんな、最近何か映画見た?



2006年10月 3日 23:57 | コメント(6) | トラックバック(0)



  のんびりのんびり

1001_01.jpgイベント楽しんでもらえたみたいで良かった!!

カメラ忘れちゃったんですねえ…ばべる?さん。
でも、きっと写真撮れますよ、すぐに(^_^)☆
舞台やるときは、是非見に来てください!

ゆぅさん、運動会お疲れさま(笑)
次は是非遊びにきてくださいね!

IZUMIさん、ファンの方達同士で交流してもらえたら、私も嬉しいです。
これから、もっとこういう機会が増えるように頑張りますね!

そうね、こういう機会が定期的にあったらいいですよね!>kawaさん
今度は地方にも行ってみたいなあ…

いつもいつもありがとうございます、かぶさん!
一番前の席に座っているかぶさんの姿を見つけるたびに、「あー来てくれてる!」って思います(笑)
舞台は絶対実現させたいと思ってます。
矢柴さんとは、たまに飲みに行ったりして、役者の先輩としていろいろとお世話になってます。
だから、矢柴さんと舞台できたらいいですよねえ…
頑張ります!

監督!?…いやあ…それは今のところ考えた事ないなあ…>トールギスさん
脚本書いたりはしているので、脚本家ってのは考えられなくもないけど、監督は…どうだろ。
40歳くらいになったらあるかも(笑)

ヒロさん、昨日はありがとうございました!
またこういうイベントに是非遊びにきてくださいね(^_^)☆

今日の私は、ホットヨガに行ったり買い物をしたり、久々のんびり過ごしたよ。

写真はホットヨガ後のスッピンです。

体も心もリフレッシュしたので、明日からもまた頑張ろっと。

ってかもう10月だね。はやいー

もう今年あと3ヶ月だよ。はやいー



2006年10月 1日 18:54 | コメント(5) | トラックバック(0)



  DVD発売記念イベント開催!!

ついに明日発売される『就活女優ハラカナ』DVD。
その発売を記念して、イベントの開催が決定したよー!

その名も『ハラカナイト』!


詳細は次の通りです。
〈日にち〉9/30(土)
〈開場〉17:30
〈イベント開始〉18:00
〈場所〉株式会社ポニーキャニオン 1Fイベントスペース
〈入場資格〉9/20発売の『就活女優ハラカナ』DVDをショップで購入し、当日お持ち下さい!ショップで購入出来なかった方も当日会場でご購入いただけます!
〈内容〉トーク&懇親会
〈問い合わせ先〉ポニーキャニオン 映像マーケティング部 TEL:03-5521-8044 


TOPページからも詳細がチェック出来ます!
DVDを購入した人みんなが参加出来るイベントなので、ぜひぜひきてねー☆



2006年9月19日 12:15 | コメント(7) | トラックバック(0)



  福岡のラジオ番組に続々出演します!!

主演映画『LOVEHOTELS』の公開が今週末に控え、明日から福岡入りします!!
明日からずらーっと福岡のラジオ番組に出演するので、
福岡地区の皆さんはオンエアぜひ聞いて、感想を教えてね☆

9/14
・RKBラジオ『安藤豊 オトナの学校』11時半〜12時半クイズコーナー
・LOVEFM『Rolling Kyusyu』18時頃
9/15
・天神FM『PARK SIDE CAFE』14:30分頃
9/16
・CROSS FM『クロサタX』12:50〜13:00シネマガイドコーナー
・RKBラジオ『こりない二人』15:00頃
9/18
・KBCテレビ『ドォーモ』24:10〜25:10
9/26
・FM福岡『フローネVIP』28:00〜29:00

あと、9/16〜9/22まで、天神FM(ラジオ局)独占で、
これまた私がナレーションをした映画『LOVEHOTELS』の福岡限定CMが流れます!! 
最後にちょっとドキっとするかもしれない映画のキャッチコピーも言っているので、
ぜひチェックしてみて。ふふ。

あとあと、同じく9/16〜9/22まで、福岡の街頭ビジョンで、映画のCMが流れるそうです! 
ぜひ見つけて、上映情報を私に教えてね(笑)

そして、なんと言っても!16日の映画公開初日は劇場で待ってます!

というわけで、宣伝でした。(笑)

では、福岡行ってきまーす!



2006年9月13日 23:00 | コメント(4) | トラックバック(0)



  パーマあてる

00030_01.jpg来週から福岡だし。

舞台挨拶あるし。

気合い入れたいし。

気分転換したいし。

大人っぽくなりたいし。つーか、大人だし。

デジタルパーマだいぶもったし。

髪伸びてきたし。

パーマ時間かかるし。

今日しかないし。



2006年9月10日 23:34 | コメント(3) | トラックバック(0)



  変わらない

00026_0.jpgはやいね。もう9月だね。

このごろよく街中でリクルートスーツを着た人を見かけるようになったような気がする。

もうそんな時期だっけ?

最近は転職する人ほんと増えてるみたいね。私の周りにもちらほらいるし。

今やってる仕事が自分に合ってるのかなんて、5年はやんないとわからなそうだけどね。

いや、私の場合は10年やってもわからないだろうなあ。

「女優」の「じょ」の字も味わってない気分だもん。
まだまだ先は長そうだなあ。

でも、不思議なのが。
私はどうして小さなころからこの仕事がやりたくて、死ぬまで女優をやってそうな気がするんだろう。
物心ついたころから今までも、今も変わらない。
そしてこれからも変わらない気がするってのはどういうことなんだろう?

じょゆう。

じょゆう。

じょじょじょじょじょーゆう。

…上祐?



2006年9月 1日 13:47 | コメント(5) | トラックバック(0)



  メラメラ

今私の身にすごいことが起こっている…

この「すごいこと」を、意味あるものとして今後に繋げるべく、私は女優人生をかけて、「本気」モードに突入します。

今までの本気が100ならば、これからの本気は10000だ。

やるしかないやるしかない。



2006年8月29日 23:50 | コメント(4) | トラックバック(0)



  阿波踊りで夏が終わる

00012_01.jpg気づいたら、もうこんな季節だね。

『えらやっちゃヨイ!』の役作りで、阿波踊りの猛特訓をしてから早8ヶ月。

その時踊りを教えてくださったひょっとこ連の高宮さんに会うために、高円寺の阿波踊りに行ってきました。



2006年8月27日 23:59 | コメント(3) | トラックバック(0)



  悩ましい年頃

00026_.jpgただいま。

無事東京に帰ってきたよ。

福岡での6日間は、仕事であまりゆっくりできる感じではなかったけれど、家族とおいしいお刺身を食べに行ったり、久しぶりに会う友達と近況を語り合ったり、母校に行って6年ぶりに先生に会ったりして、本当に密度の濃い日々だった。

24歳にもなるとさ、いろいろあるよね。
劇的な人生を歩んでいる友達とかけっこういて、それに比べたら私は随分平和な人生だなと思ったり。

仕事とか恋愛とか結婚とか子供とかお金とか家族とかやりがいとか。

考えたら尽きない問題ばかり山盛りになって、それでも前を向いて生きていくしかない。

迷いながら、傷つきながら、誰かを傷つけながら。

どうだったらハッピーでいられるんだろうとか考えちゃうよね。

今がけっこうハッピーなことも、あとになってみないとわからなかったり。

でも、結局は、毎日が充実しているかってところに尽きるけど。

妥協ではなく、自分で自分の人生にオッケー出せれば、それでいいんだろうなあ。

なーんて。語ってしまった…(-_-);;;



2006年8月23日 11:10 | コメント(5) | トラックバック(0)



  地元

00001_0.jpg私の土日は…

高校の時によく行ってた「つじり」に行って抹茶パフェを食べたり。

すっかりさびれた地元の商店街を一人で歩いてみたり。

最近できたドンキホーテに行って、その中のゲームセンターでプリクラを撮ってみたり。

高校の部活の後輩たちに偶然会って、
「後輩としての義務」とか言って映画のチケットを売りつけたり。

この土日は、いろんな人に会って、おいしいものをたくさん食べて、そして喋りまくった。

久しぶりに会う友達は、みんな全然変わってなくて。

私も
「変わってないよね」
と言われた。

いやあ…いろいろと変わったはずなんだけどなあ…変わってないんだなあ…



2006年8月20日 22:34 | コメント(4) | トラックバック(0)



  お盆の飛行機代は高すぎだと思う。

06_205058.jpg世間はお盆だね。そしてとてつもなく暑いね。

みんな旅行とか行ってるのかな。

みんなが都内からいなくなっているおかげで、比較的人が少ないのが嬉しい。

いきなり入ってくるオーディションのおかげで、相変わらず予定なんて立てられるはずもない私は、福岡に何日から帰るかがちゃんと決まってくれただけでも嬉しい。

いつ東京に帰ってくるかはまだ決まってないけどね。

ま、そんなことは慣れっこさ。

でも、いつもそんな感じだから、人と会う約束をしてもドタキャンしなくちゃいけなくなったりすることも多く、
それが相手に申し訳なくて、あまり人と約束をしない傾向にあるのがせつない。

そして、結局家で映画を見ることになり、それはそれで充実してしまうので、ますます人に会わなくなるってわけ。

…どうかと思う。

福岡に帰ったときは、もうすでに会えそうな友達全員と会う予定になっている。

予定が合わなそうな友達には
「もうこんなチャンスないかもしれないから何とか時間をあけなさい」
と脅迫メールを送った。

ら、都合をつけてくれた?サンキュー?

よーし、福岡に帰るまでに、やるべきことをやるだわ。



2006年8月14日 21:44 | コメント(4) | トラックバック(0)



  『Wiz/out』完成披露試写会

P_M_01.jpg待ちに待ったこの日。

今日は『Wiz/out』の関係者試写会があり、埼玉のスキップシティまで行ってました。


ショートフィルムでは、今まで何度も主役をやったけれど、長編映画の主役をやれるという事は、今の私の状況を考えると本当に恵まれていることだと思う。

単純に、私が演じる役柄があること、その映画の監督が私のことを使いたいと思ってくれること、そして私の状況がそれをやれるタイミングであること…などなど。

映画に関わるという事は、それらの要素が合わさって、初めて可能になる事だから。

そういうことを考えると、私が今回『Wiz/out』と出会えた事は、本当にラッキーだったと思う。

そして、出来上がった映画を見て、思う事はもちろんいろいろあったけれど、単純に
「やってよかった」
と思えたので、それで良しとした。

後はお客さんに見てもらってなんぼ。
いろんな感想がある映画だと思うし、それでいいんだと思う。

「こういう映画!」って、説明しにくいのよ、ほんとに。

ごめんね。わかりにくくて。

でもでも、『Wiz/out』がいつかみんなに見てもらえる日は必ず来ますので。うん、来るさ。

それまでに、今よりももっともっとすてきな女優になってたいと思う。せつに。



2006年8月 5日 23:59 | コメント(0) | トラックバック(0)



  たまにはリフレッシュ

00081_01.jpg今日は空き時間に久々マッサージへ。

マッサージ大好きな私は、ジムに通い始めて血流がよくなった今でも、たまーに行くのです、マッサージ。

今でもそんなに血流が良い方ではないけれど、もっと悪かったときは、すぐに肩こりがひどくなったり、肩こりから頭痛になったりしていた。

ジムに通い始めたことで、汗をかきやすくなり、冷え性が緩和され、肩こりがなくなり、疲れがたまりにくくなり、おまけに太らないという、良い事だらけですわ。

でも、今日はよく行くマッサージ屋の横をたまたま通りかかり、時間があったので、フラリと寄ってみた。

リフレクと全身マッサージ。

あーん、気持ちいい〜?

溜まっていた疲れがだいぶとれました。
ありがとうございました。

たまにはみなさんもリフレッシュしなきゃだよ。



2006年8月 2日 21:48 | コメント(3) | トラックバック(0)



  ライバル

neko_.jpg『にゃんこ THE MOVIE』

4万枚売り上げだってー。

動物ってずるーい。

まあ特に猫好きというわけではないけど、買ってみたい気はするなあ。

あ、ちなみに写真の『100万回生きたねこ』は、なかなかに深い絵本ですぞ。

お試しあれ。

さて、就活女優DVDも頑張りましょう。



2006年7月29日 08:05 | コメント(3) | トラックバック(0)



  ニューマックへ

00115_.jpg先週末にいきなり私のiBookちゃんが壊れてしまい、やっとさっき修復。

毎日使っているというのに、しかも編集とかもしてるっていうのに、パソコンの詳しいことはよくわかっていない私は、メモリがいっぱいになってしまったため、いらないであろうファイルをガンガン捨ててたら、いきなり動かなくなってしまった。

「もう2年半も使ってるし、そろそろ寿命…?」

とか思っていたけど、単に私が捨ててはいけないファイルを捨てただけみたいね。は。

けど…

iBookちゃんは復活しましたが、この際新しいマックブックちゃんを購入することにしちゃった〜

愛着湧いてなかなか新しいのに踏み出せずにいたのに、アップルストアで一目見て
「あ、かわいい…」
昨日早速ネットで購入、チーン。

メモリとかいろいろ増やしたので来月頭に届くらしい。

新しいのが届くまで、このiBookちゃんを最後まで大切に使います。

そして、売らずに自宅に飾ります。

今までよく働いてくれたね。ありがと。



2006年7月24日 17:55 | コメント(2) | トラックバック(0)



  映画の中で生きる

00090_.jpg去年の夏に撮影をしていた『Wiz/out』のアフレコのためスキップシティへ。


ついにここまできましたかって感じです。

園田監督が編集に苦戦しているのは、監督の日記を読んでて何となくわかっていたけれど、ついに尺が2時間になり、音楽が入ったり声が入ったりして、もう少しで完成ってとこまできた。

アフレコの部分だけ見た映像の感じは、とてもいい感じ。

トムのカメラワークはやっぱり素晴らしいし、音楽と編集のバランスもいい感じだったし。

ただ、ラストがどういう展開になるのか知らされていないし、私が出ているパート以外のパートも加わっているので、この映画がどういう映画なのか…正直全然わからない(苦笑)

ジャンル分けできるようなわかりやすい映画ではないみたいだけど。

最後まで謎の多い映画だ…完成試写会まで待つしかない(-_-)

私自身について言うと…
今まで出演してきた作品の中では、そのままの自分にかなり近い感じなのかなと。

「自分に近い」っていうのは、あくまで自分が思っている自分だから、私のことをよく知っている人が見たら、また違う捉え方をするかもしれないけれど。

なんて言うんだろ…芝居してるんだけど、ある種してないとも言える感じというか。

今日気づいたことなんだけど、『Wiz/out』の現場にいると、自分が全く無理をしていないことに気づいた。
ただそこにいる感じというか、わりとニュートラル。
なんでかはよくわからない。
キャストさんやスタッフさんとの関わりの中でそうなったんでしょう。

だから映画の中の私も、そういう感じが出ていたような気がする。

ま。
私の現場でのあり方がどうであれ、映画はいつか完成するわけで、人の目にさらされるわけなので、常に「後悔しない」仕事を着実にし続けたいものです。

じっくりゆっくりと。



2006年7月10日 19:00 | コメント(1) | トラックバック(0)



  次です、次。

「この役絶対やりたい」とどんなに強く願っていても、叶わないことなんてたくさんある。
むしろ叶わない事のほうが多い。

その願いが相手に届かなかったからか、私より強くそう願っていた人がいたからなのか、そんなこと全然関係なく違う力が働いたからなのか、ただ単にイメージに合わなかったからか…

でもそれは役に限らない。

自分の欲しいものが手に入らなかったり、本当に望んでいる事が叶えられない状況だったり。

人生そんなことのオンパレード。

でも、原因はなんであれ、結果は結果としてただポツンと自分の前に突きつけられる。

それが現実。というか事実。

その現実を受け入れられないこともあるし、ひたすら前向きに「もっとよくなるために」頑張り続けられることもある。

女優を始めて5年目に突入した今、またしても私は大きな岐路に立たされている。
自分が女優として、これからどうなっていきたいのか。
1人の人間として、どういう人生を歩んでいきたいのか。
何が大切で、何がどうでもいいのか。
今まで何度も何度も考えてきたことを、今また考え直す時期が来たみたい。

今の私は、私自身がどうしたいという欲求よりも、支えてくれる家族や友達や大切なスタッフたちに何か恩返しをしたい、喜ばせたいという気持ちが圧倒的に強い。

何か一つ失敗するたびに、私自身のショックよりも、それ以上に周りに対して喜ばせてあげられなかった無念さが残る。

その無念さに押しつぶされてしまってはもっと悲惨なので、ただただひたすら上を向いて頑張るんだけど。

私は女優だけど、その前に1人の人間だから。
大切な人がいて、その人達をちゃんと大切にしたい。
それが出来てないときの自分はほんとにサイテーだと思うし、それより大切なことなんてないとさえ思う。

死ぬまで女優やってたいとは思うけど、実際いつまで女優続けられるかなんてわかんないし、他にやりたいことが出てくるかもしれないし、明日死ぬかもしれないし、何が起こるかわからないんだから、せめて今この感情やこの状況の自分を噛み締めて楽しむしかない、と思う。

毎日が充実している事、それが一番大事。

神様が与えてくれたこの運命は、きっと私がもっともっと良くなるための試練なんだと思うと簡単に明るい気分になれちゃう。
あ、ちょっとだけ泣くけど。
わりと単純。

今まであまりにも赤裸々に自分のことを日記に書き過ぎたかなという気もするけど、いいの。
偽ったって嘘書いたって自分が後々しんどいだけだから。

だからこれからも私は私自身のことを赤裸々に書き続けると思う。
たくさんの喜び、悲しみ、日常、挫折、そして感動…。

こんな私だけど、これからも暖かく見守ってて下さいませ。

未来は明るいよ。



2006年6月29日 23:15 | コメント(11) | トラックバック(0)



  お花と手紙を送ろう

00081_M.jpg舞台って映画と違って「そのとき」じゃないと見れないから、見れそうな時はここぞとばかりスケジュールに入れ込んで見まくる傾向がある。

ま、今がそうなんだけども。

今日は『ポスト君ブルース』という舞台を見てきたんだけど、途中から涙が止まらなかったなあ。


最近涙腺緩みっぱなし…?どうしたどうしたどうしてそんなに涙が出るんだハラカナ〜?

舞台でこんなに泣いたのは超久しぶり。
っていうか、こんなに泣いた舞台あったっけ?…思い出せない。

友達がいい芝居しててそれにジーンとしたのと、家族愛、兄弟愛、友情、愛情…なんかいろいろジンジンきちゃってハンカチ片手に鼻水ズルズルだった(T_T);;;

ふう。

そういえば、舞台の中で出てきた「花言葉」
ひまわりの花言葉は「私の目はあなただけを見つめる」だって。
すてきー

ちなみに自分の誕生花を調べてみたら、12月11日は「デンドロビウム」という花で、
花言葉は「思いやり」「純粋、潔癖」 「まごころ」「誘惑に負けない」「有能」 だってさ。

「誘惑に負けない」っての気になる…



2006年6月28日 19:27 | コメント(1) | トラックバック(0)



  V.M.ヴァギナ・モノローグス

00087_.jpgスパイラルホールで『V.M.ヴァギナ・モノローグス』を鑑賞。


ひっさしぶりに舞台で爆笑したなー。

この舞台は、世界中を取材して集めた女性自身の女性器に関するエピソードを、3人の女優さんたちによって語られるというもの。

会場にいた男性達はちょっと気まずい思いをしたかもしれないけど…かなり面白かった!

でも残念ながらここには書けないことばかりでーす(笑)

テレビだと放送禁止間違いなし。
舞台だからアリなんだなーああいうのって。

野沢直子さんがほんとに面白くて大笑いしてたよ私。

男性は、この舞台を見たらかなり女性の心理や体のことがわかるかも。くくく。

舞台後近くのお店でめっちゃおいしい野菜のグリルをバルサミコソースと塩で食しました。

おいしいもの食べてる時が一番幸せ?



2006年6月27日 23:37 | コメント(3) | トラックバック(0)



  モデル

00083_.jpg 『Wiz/out』で共演した謙君繋がりで、『FUNDAMENTAL AGREEMENT LUXURY』というブランドのモデルをやってきたよん。


おもにメンズブランドなんだけど数少ないレデースラインをいくつか着て撮影。

ロングのウィッグをつけていろいろとアレンジ。
新しい自分発見。

ヘアメイクのARATAちゃんとは会った瞬間に意気投合。
今後もいろいろと一緒にやっていけそうでこの出会いに感謝。

一緒にモデルをやった純君と高志君も二人とも同い年で、同い年の人と仕事で一緒になることは意外と少ないので何だか新鮮だったなあ。

二人ともモデルさんってだけあってキマってました。

メンズのジーンズが超かっこいいのよ、ここは!

ちょっとサイズが大きかったけど、メンズでも欲しかったくらい。

デザイナーの学さんに「これのレディースも作ってー」とおねだりしてたら、工場に頼んで特別に作ってくれるって。
ジーパン探さないと。

みなさん、FUNDAMENTAL要チェックだよー☆

謙君、素敵な出会いをありがとう?

写真出来上がりが楽しみです。



2006年6月25日 13:15 | コメント(2) | トラックバック(0)



  『嫌われ松子の一年』

中谷美紀さんが書いた『嫌われ松子の一年』という本を読んで、ますます『嫌われ松子の一生』を見たくなっていたんだけど、今日やっと映画館に行けた。

その本は、あまりに赤裸々に撮影時のエピソードが書かれてあってとっても面白かった。

同じ女優として共感する部分がたくさんあったし。

主演女優にとって監督という存在はとってもとっても大きな存在で、監督にすべてを預けて信じてただやるしかないという、まさにSMな関係なわけだ。

少しくらいきつい事を言われても大体のことは我慢できるし、もしろ逆に思わぬパワーが発揮できたりする。

出来上がった作品の完成度が高ければ高いほど、撮影時どんなに辛くてもそんなもんはあっという間に吹っ飛ぶ。
そして大嫌いだった監督のことが大好きになる。
その気持ちすごいわかる!

しかし本に書かれている中島監督はあまりに子供だったし、それに反発しつつも乗り越えた中谷さんはほんとにすごい。
(監督が本の内容に関して「ほぼ事実です」と最後に書いてあったので信じてもいいと思う)

本の中で書かれている壮絶な撮影の日々をみじんも感じさせない魅力的な芝居にも感心したです。

女優としてというか、人として尊敬する。

あたいもこのくらいタフになんねーと。

プ。



2006年6月22日 23:39 | コメント(1) | トラックバック(0)



  晴れてほしいなあ…

00092_.jpg今日はオーディションで着物を着たんだよ〜。

うすいピンク色の着物ですごくかわいくて。

着物はね、母リンコの着物を毎年お正月に着ているだけあって着慣れてるのです(^_^)♪

着付けをしてくださったスタッフの方から
「似合うねーかわいいかわいい」と言われて
「そうなんですよー」って調子に乗ってたよ、ははは。

さて、運命はどっちに転ぶんでしょうか…

春よ来い?



2006年6月17日 23:59 | コメント(0) | トラックバック(0)



  クランクアップ☆

00091_.jpg無事ドラマの撮影がクランクアップしました☆

かわいい花束までもらっちゃった(^_^)?

ドラマの詳細をまだお知らせできないのが残念だけど…もうちょっと待っててね。

あー温泉行きたーい(全然関係ない)



2006年6月15日 21:27 | コメント(0) | トラックバック(0)



  めがねちゃんありがと?

00088_.jpg2時間押しで今日の撮影は終了。

また明日も朝から撮影、そして明日でクランクアップらしい。

元々めがねかける予定じゃなかったんだけど、本番前のリハーサルで監督に
「めがねいいですよね?」と半ば強引にかけちゃいました(笑)

めがねちゃんのおかげで、いいキャラ出たなー。

また明日も頑張るぞー☆

ドラマの詳細はまた後日ね〜。



2006年6月14日 21:29 | コメント(0) | トラックバック(0)



  いってきま〜す☆

00086_.jpg
今からドラマの撮影で緑山スタジオに行ってきます!

つか、ブログっぽいな〜こういうの(笑)

携帯から投稿できればもっとたくさん更新できるのにな。

ほいでわ〜



2006年6月14日 08:17 | コメント(0) | トラックバック(0)



  LIFE IS MUSIC.

00085_.jpgイメージだイメージだイメージだ…

Coccoの曲を聞きながらイメージトレーニング。

役作り。
その役のイメージに合った音楽を聞くことも一つ。

高校の時にいつもウォークマンで聞いてたCocco。

いまだに色あせることのない彼女の声。
超好き。

そう言えば、私が好きなアーティストは、映画の一場面が浮かんできそうな曲を作る人が多いなあ。

コステロもシェリルもエイミーも。

しかし、大音量で音楽を聴きたい時、隣の住人を気にしないために、やはりヘッドフォンを購入しなければと思う今日この頃。

ウーハーが低音をゴンゴン響かせてくれるおかげで、部屋で大音量で音楽聴けないし(ー_ー);;;

せっかくいいスピーカーなのにもったいない…プンスカ。



2006年6月11日 21:01 | コメント(0) | トラックバック(0)



  雨の日に思い出すこと

4702_.jpg梅雨入りしたね。

雨が降るといつも思い出すことがある。

去年フランスでショートフィルムの撮影をしてた時。
コスチュームデザイナー(日本で言うスタイリスト)のZoeが撮影の合間に私をパリの街に連れ出してくれて、ちょうどポツポツと雨が降り出したのね。

「私、こういう天気好きなの。
パリは晴れてるときより、どんより曇って少しだけ雨が降っているくらいが似合うから」

その時Zoeがぽつりと言った言葉が今でも忘れられない。

私と同い年なのに、随分大人っぽい彼女を見て、そんな感性が素敵だなと思った。

Zoeの話し方とかファッションとかたばこの吸い方とか…全部好きだったなあ。

女の子に対してそういう感情になるのって、よく考えたらあんまり知らない。

今頃何をしているんだろ。

その撮影で着ていたMARC JACOBSのロングコートには、
『パリの思い出に』
とZoeがつけてくれたピンクの安全ピンが今でもついたままなんだよ。



2006年6月 9日 12:01 | コメント(0) | トラックバック(0)



  あと2日☆

さてさてさてさて。

なんだかんだであっという間に『LOVE HOTELS』公開が間近に迫ってるじゃないですか…。


もう最近の私はと言うと、就活女優のビジュアルブック用の写真を時間がある時に撮りまくっていて、毎日ヘトヘトになるまでやっとります…。

でも、頑張ってるかいあって、なかなかいい写真が撮れとります。

まだ見せられないけどね!ククク。

だから、もう少し頑張って、風邪もちゃんと治して、3日の舞台挨拶には元気な顔でみんなに会えるようにせねば…

あ、そうそう、3日以外にも劇場で私トークします。

4日に、役者木下ほうかさんとトーク。

6日に、私が主演のエピソードの共演者の方達とトーク。

生ハラカナが見れるチャンスです。何を話すかはわかりません。

2度も3度も楽しめる作品なので、3日に来て、4日も来て、最後の締めに6日来るってのもありです。

すると毎回私に会えます(笑)

ま、私が出ているエピソードは、かれこれ2年半も前に撮影したものなので、今更劇場公開されるのは少々恥ずかしいんですが…(苦笑)

ま、2年半前の私を見る機会もなかなかないので、ま、暖かい目で見てやってくださいませ。



2006年6月 1日 20:02 | コメント(4) | トラックバック(0)



  リフレッシュ☆

00078_1.jpg今日は久しぶりに友達と会ってランチしてお茶して買い物してリフレッシュ☆

やっぱ友達って大事?

わがままで勝手な私にいつも優しくしてくれる友達、ほんと感謝感謝ですわ…

単純にアドバイスしてくれたり、元気づけてくれたり…ほんとは私のほうがそういう立場なのかなって気もするけど…(苦笑)

ま、でも友達だから甘えちゃいます。

また明日から頑張ろー☆

そんな私はめがねを買ってみた。どう?



2006年5月27日 18:21 | コメント(8) | トラックバック(0)



  映画『LOVEHOTELSーラヴホテルズー』特番NG集!

6月3日から池袋テアトルにて公開される『LOVEHOTELSーラヴホテルズー』

その公開に先駆けて、「カミングスーンTV」という映画情報番組で、
5/22〜5/31まで 『Making of LOVE HOTELS』が放送されます。

メイキング映像を含め、監督インタビューや映画の裏側を紹介する特別番組です。
そして、そのナビゲーターをやることになった私。

しかも、原田佳奈としてではなく、就活女優ハラカナとして…。
そう、普段の私のキャラとは違う、一風変わったキャラになってます!!

これは、必見だよん。

そして、NGたくさん出しちゃったので、その特番のNG集を作ってみたってわけです。
久しぶりの編集、楽しかったなあ。

…でも、自分のキャラがヘンテコすぎて、少し凹みました…
どうぞ、ご覧あれ。
※見れない方はコチラからダウンロードして下さい。


2006年5月26日 17:15 | コメント(1) | トラックバック(0)



  好みのタイプ

『LOVE HOTELS』の公開に向けて、ここのところ立て続けにいろんな雑誌やWEBの取材を受けている。

映画の内容に関してや役柄のこと、女優原田佳奈について、私の恋愛観などなど、いろんなことを聞かれる。

恋愛映画ということで、私個人のプライベートなことも聞かれることが多く、
「そんなことまで聞いちゃうのね」
って、心の中で呟いたりしている。

…ちょっぴり恥ずかちー…

「原田さんの好みのタイプは?」って…そんなの一言で言えなーい。

悩みに悩んで出てきた答えが

「できる男」


…なんだよ、できる男って。

ただ仕事ができればいいってわけじゃないしでも仕事できるのはかなり重要ででも面白かったりギャグセンスがないとダメだしだからってネアカなタイプはあまり受け付けないしじゃあネクラが好きなのかってそういうわけでもないし優しい人が好きだけどただ優しい人はダメだし私だけに優しい人がいいわけでもないし大人が好きだけどただ大人なだけでもダメだし子供みたいなところがある人に惹かれるし…

ってこんなの一言で言えないから。

好みのタイプって難しいね。

今言ってきたことも全部ひっくり返っちゃうくらい逆の人にぞっこんラブするかもしれないわけで…

ま、でもまじめな人が好きです。

あ、でもまじめにもいろいろあってただ単にマジメな人はダメで…

…止まらない

誰かとめろ。



2006年5月24日 23:15 | コメント(3) | トラックバック(0)



  『LOVEHOTELSーラヴホテルズー』特番!

6月3日から池袋テアトルにて公開される『LOVE HOTELS』

その公開に先駆けて、「カミングスーンTV」という映画情報番組で、5/22〜5/31まで『Making of LOVE HOTELS』が放送されます。

メイキング映像を含め、監督インタビューや映画の裏側を紹介する特別番組です。

そして、そのネビゲーターをやることになった私。

しかも、原田佳奈としてではなく、就活女優ハラカナとして…。

そう、普段の私のキャラとは違う、一風変わったキャラになってます!!

これは、必見だよん。



2006年5月23日 01:37 | コメント(2) | トラックバック(0)



  素敵な出会いをありがとう

00071_.jpg主演女優賞と監督賞をいただいた感謝の気持ちを込めて、海上監督と『えらやっちゃヨイ!』に関わってくださった人たちへの慰労会を開きました。

フランスから帰ってこれず、授賞式に参加できなかったこともあり、スタッフのみなさんとまた会える機会がもてたことは、本当にありがたかったです。

(←こちら相手役の岡優美子さん)

今回主演女優賞なんてたいそうな賞をいただいたけれど、作品を見てくださった方達から、いろんな感想をいただいて、正直自分としては、まだまだ課題がたくさん残っている感じがあり、賞をいただけるとは全く思っていなかったので、複雑な気分ではあったです。

ただ、見てくださった人達の投票で決まった賞なので、それはそれで純粋に受け止めなければならないとも思うし。

この賞はほんとにスタッフのみなさんのお陰なんです、ほんと。

00073_.jpg2次会では、審査委員を務めた林海象さんといろんな話をすることができて楽しかった〜

海象さんが初めて映画を撮った時のエピソードなんかも聞けて、やっぱすごい人はそういうことやっているんだなーって感銘を受けました。

人と違う何かをやってきた人は、話していてこっちまで刺激される。

しかも、今考えている企画の話をしてくださって、それがまた面白そうなこと考えてるんだ。

「君出てね」って言われて、「はい!」って即答しちゃったもんね。

いろんなシガラミとか取っ払って「なんか面白いことやろーぜー」って言える大人は魅力的です。

そして、それを実現させられる人はもっと素敵。

『えらやっちゃヨイ!』に関わった事で、こんなにもいろんな人との素敵な出会いがあった。

改めて、ヒューマントラストさまさまです(>_<)☆!



2006年5月17日 23:44 | コメント(2) | トラックバック(0)



  CM撮影

00058_1.jpg昨日は、朝からCM撮影でした。

設定が20代中盤から後半という設定だったらしく、ちょっと大人っぽく作られて、こんな感じになりましたよと。

制作さんがとてもいい人でした。

って書いてねって言われました笑

現場はとても和やかムードで、このサイトを見てくださっている方もいて、
「ハラカナ」って呼んでもらえて嬉しかったです。

素敵な出会いもあったし、久しぶりのCM撮影楽しかったよ。

オンエアされたら、また詳しくお知らせしまーす。

しかし、「ハラカナ」って響き、いいよね、今更だけど。

「原田さん」って呼ばれたらなんか硬い感じするけど(普通そうだけど)、「ハラカナ」って呼ばれると、すごい親近感湧くよね!

みなさん、これからも気軽に「ハラカナ」って呼んでね☆



2006年5月16日 23:07 | コメント(3) | トラックバック(0)



  とりあえず寝よう

得体の知れない不安に襲われて身動きがとれなくなるとき。

今まで何度も何度も繰り返してきたことなのに、また動けなくなっている自分にほとほと嫌気がさす。

変わってねーなー…あたし。

この甘ったるい自分から脱出して、パワフルカナになる日は一体いつ来るのだろう…

ん?パワフルカナ?バレーボール?

ああ、またしょうもないことを言っちゃったよ。いい加減変われって、ハラダ。

ま、でも、結局やるしかないわけで。動くしかないわけで。

脱出せよ、自分山荘

はあ…

ガー



2006年5月12日 23:54 | コメント(1) | トラックバック(0)



  踏ん張りどころ

00056_1.jpg濃いめのゴールデンを過ごしたと思ったけど、その後の方がよっぽど濃いな…。

5月、6月はいろんな意味で勝負だなあ…

就活女優再奮起だ!

ここ、一番重要だから、頼むよー…ワタシ(-_-)

みんなに嬉しいお知らせができるように、ハラダ頑張りますから!!

そんな気合いを入れ直したところで、CM決まったという嬉しい知らせが!!

ワッシャー!!!(>_<)☆



2006年5月11日 17:47 | コメント(5) | トラックバック(0)



  今年も濃いめのゴールデン

4051_.jpg基本的に普段の生活の中でわりと理性的な私。

でも、一度スイッチ入ると、感情がえらいことになるくらい感情的な感覚的な人になる。

全身で泣く、全身で怒る、全身で気持ちよくなる、みたいな。

極端。

だから、えらいことにならないように、無意識に押さえ込む力が働いているらしい。

一度感情が溢れると、えらいことになるから。

その二つをいいバランスで融合させるのが非常に難しい。

感性と理性がバラバラっつーか。

感覚と頭のバランスが悪いっつーか。

そこらへんがうまく融合すれば、ラクなんだけどねえ。

あーあ役者ってめんどくさい。

でも、やめられない。ガー。



2006年5月 7日 23:33 | コメント(2) | トラックバック(0)



  イチバンタイセツナコト

00050_.jpg人と出会うタイミングとかもそうで。

お互い求めていることが同じベクトルだったりすると、トントントンっと物事が進んでいく。

まるで、もともとそうなることが決まってたかのように。

逆にタイミングが違えば、ずっと噛み合わない。

ずっとニアミス。

人に限らず、仕事だって一緒。

私で言うと、役柄だったり。

巡り合わせって不思議。

そうなることが決まってたとしか思えないって、後になって思うから。

3年前はわからなかったことが、今ならわかったり、受け入れられたりして、でもそれはこの3年間があったからそうなれたわけで、いきなり飛び越えることなんてできない。

だから、「ピンとくる」とか「シックリくる」とかっていう感覚って、すごく大事にしたい。

シックリきてないのに、シックリきているフリをして無理をしても、きっとそれは後々返ってくる。

いろんな形で。

無理をすることも大事だけど、そこに囚われて魅力が出なくなるのは違うから。

「魅力的であること」

人として、役柄として。
どちらもほしい。

そう思い続けてれば、きっとそうなる。

思い続けてれば、きっと叶う。



2006年5月 5日 15:53 | コメント(3) | トラックバック(0)



  もうすぐ あれ です

00014_.jpgやっぱお花もらうと嬉しいよね〜?

お花は、ガーベラが好きで、一輪挿しに1本だけピンクのガーベラを飾ったりするんだけど、ガーベラ以外で、なにげに好きなのが写真の花、カラー。

普通白が多いけど、今日お花屋さんでこんなきれいな色のカラーを発見。

その横の花は、ラナンキュラスという、見た目カーネーションとバラを掛け合わせたみたいな花。

これも初めて見たなあ。

あと、ピンクチャンピヨンとかいう、カラーを一回り小さくしたような花も発見。

お花って、どんどん種類が増えている気がするんだけど、誰かが増やしてんだろね。

00032_.jpgいろいろ掛け合わせてんだろね。

ワンコみたいにさ、掛け合わせてるんだよ、きっと。

どんどん掛け合わせてほしいね。

そしてどんどんきれいな花を増やしてほしいね。

でもさ、話飛びますが。

最近さ、地球が心配でたまらんの。

まず天候がおかしい!
昨日あんなに熱かったのに、今日こんなに寒い!みたいなことが多い!
そして、地震が多い!
さっきも軽く揺れてた!
しかもけっこう長めに揺れてた!!(>_<);;;

あーこわいこわい。
地球が怒ってるみたい。

もうすぐ何か大変なことが起こるかもしれない…

ギャー



2006年5月 3日 17:06 | コメント(2) | トラックバック(0)



  『BABEL』がカンヌのコンペに☆

10025_.jpg5月17日(水)〜28日(日)、フランス南部のカンヌで開催される、カンヌ映画祭


そのカンヌのコンペ部門に、われらが『BABEL』が入りました〜!

嬉しい!

『BABEL』の撮影現場の様子は、こちら


もうあれから半年経ったんだね。はやい。

写真は、打ち上げの時にアレハンドロ監督と。


クラブみたいなところで、メキシカン音楽流れてて、酔っぱらってノリノリで歌っていた監督。

そう言えば、私が渡したDVD見てくれたのかしら…。

メアドくらい聞いとくんだった。あー。

コンペの中には、日本の作品は入ってません。残念…

いつか、いつか、カンヌに行きたいな。観光ではなく映画祭で!

そういう映画に出れるような女優でありたいと思います。

『BABEL』の完成試写が楽しみだなあ。

その時には、映画の詳しいことを書けると思うので、もうちょい待っててくださいませ。



2006年4月30日 14:06 | コメント(3) | トラックバック(0)



  独り言

00062_.jpgそういえば、一人暮らしを始めてもう4年が経つのね。

誰にも邪魔されず、誰にも気を使わずに、好きな時に好きなように生活ができるってのは幸せだなーと今更ながら感じる今日この頃。
ま、たいていほろ酔いの時だけども。

1人で部屋で飲みながら、「あー1人なんだなー」とか思ったりしていると、だからこそ大切な人達が一緒にいてくれることが、ありがたいなあと感じれたりする。

わざわざ時間をさいて私の話をしてくれているとき、それに対して、単純に「ありがたいなー」と思えるようになってきた。

なんだろ…ここんとこ妙にそういう気分。

ふう。

「じょじょっびじょばあ〜じょっびじょっば〜」
とキョンキョンがCMで歌っているのを見て、
「ああ、なんか今の私って、このキョンキョンみたいな気分!」
と思ったりしている。

変だなあ。

テンションが変だなあ。

だからと言って、妙に「守り」なわけではない。

わりと、「攻め」なんだよなあ。

意味不明だなあ。

「攻め」なんだけども、肩に力が入っている感じではなく、わりとリラックスしているし。

ゲームだと思えば、人生のゲームだと思えば、「楽しむんだ!」って力まなくても、わりと楽しい。みたいな。

外人みたいに
「ワオ!レッツエンジョ〜イ!」
って楽しめないのは、私が日本人だからなのかなあ…って思うこともあるけれど。

外人じゃなくても、楽しめそうですね、人生。って感じ。

大丈夫よ。きっとあなたを見守ってくれる人はいるから。

少なくとも、私はあなたの見方だよん。

大丈夫。

ふっ。
意味不明だけど、たまには許してん。



2006年4月29日 22:37 | コメント(4) | トラックバック(0)



  舞台鑑賞

00053_.jpg新国立劇場で『マテリアル・ママ』を鑑賞。


途中、何度も睡魔に襲われながら、何とか終了。

正直、よくわからんかったなあ…。

脚本が難しいのか、演出が難しいのか、台詞がこっちまで伝わってこないからなのか、どっちにしろ、よくわからんかった。

うーん、なかなか舞台というフィールドは、合う人と合わない人がいるもんだなあ。

私も人ごとではない。とりあえず、トライはしてみたいっちゅー話です。

舞台終了後、『まだまだあぶない刑事』で共演した仲村とおるさんを訪ねて楽屋へ。


覚えていなかったら悲しい…とか思ったけど、ちゃんと覚えてくれていた。

でも、「よくわからなかったでしょ?」って言われても、リアクションに困ります…

笑うしかない私。あはははははは。

00056_.jpgその後、南青山のTHEATERという店へ。

そこには、大きなプロジェクターがあって、映画が上映されていたり、NIZOO STATIONが流れていたりする。


途中で就活女優のプロモーションVが流れていたので、すかさず写真をパチリ。(後ろに映っているのも私)

ここは、料理がどれもおいしくて、この日は月に1度の『ご近所ナイト』の日で、ワインとビールがタダだった!

これは、かなりお得です。ついつい飲み過ぎてしまう…。いかんいかん。

この店には、役者の友達が数人働いていて、みんな久しぶりに会えてなんだか懐かしかったなあ。

みんなそれぞれ頑張っている様子で。お互い前へ前へ。ね。



2006年4月27日 23:31 | コメント(5) | トラックバック(0)



  シンガーに嫉妬

30001_.jpg従兄弟の結婚パーティーに出席。

従兄弟は、某レコード会社に勤めているので、パーティーには音楽関係者がたくさん集まっていた。

アーティストもちらほら。

シンガーは、こういうおめでたい時に、歌って祝ってあげられる事がすごくうらやましいなと思う。

こういうとき、役者って何もできないなって。

芸人だったらコントの一つでも、シンガーなら歌の1曲でも。

役者だったら…一人芝居?ヤダよー。

ああ、こういうとき歌が歌えたらいいのにな。

スピーチで「おめでとう」って言われるより、100倍も感動するだろうに。

それができるシンガーにとっても嫉妬…

『ばんざーい、君を好きで良かった』って歌われた瞬間、鳥肌ゾワッ。

いいなあ、シンガー。かっこいいなあ、シンガー。

結婚式限定シンガーになりたい。

そして、そんなシンガーに結婚を祝ってもらえる従兄弟が誇らしかったです。

おめでと☆



2006年4月25日 22:46 | コメント(0) | トラックバック(0)



  ☆BONNIE PINK☆

00031_.jpg週末の代々木公園がものすごい人だって事は知ってたけど、今日はいつもにも増してものすごいことになってたね…

Earth Day Tokyo2006というイベントがあって、代々木公園の野外ライブでボニーピンクが出るってことで、ちょっくら遊びに行くことに。


小雨がちらつく中、久しぶりに見たボニーピンクは、ますますキュートでますます歌がうまくなってて素敵でした☆

『Heaven's Kitchen』と『evil and flowers』の2枚のアルバムではまって、それからなにげにずーっと好きなボニピン。

カラオケに行くと必ず歌うし。

今日のライブを見て、ボニピン熱が復活☆

やっぱめっちゃ歌うめ〜

今年で10周年だってね。

おめでとうございます☆

実はあさっても彼女に会えるかもしれないんだよねえ…グフフ。



2006年4月23日 20:46 | コメント(3) | トラックバック(0)



  16年ぶりの感動の再会

手紙やはがき、年賀状や暑中見舞いを書くのが好きな私は、文通だけで付き合いが続いている友達や恩師がけっこういる。

その中でもダントツに長いのが、小学校2年生のときの担任、吉田先生だ。

吉田先生は、1、2年の時の担任が、産休で1年間休んでいる間に、臨時で赴任してきた。
1年間という短い間だったにも関わらず、吉田先生にかなりなついていたのを覚えている。

なぜか、他の小学校の先生は文通が途切れたのに、吉田先生だけはずっと途切れず続いていたんだよね。

で、この前その吉田先生から、
「最近福岡から東京に引っ越してきたので、時間あれば会いましょう」
というメールが来て、16年ぶりに会う事になったのね。

でも、小学校2年生以来で、顔もあまり覚えていないし、大体歳も何歳か知らないし、つーか結婚しているのかも、今までどんな人生を送ってきたかも、ほとんど何も知らないわけさ。

だから、待ち合わせですぐにわかんないかも…と思っていたけれど、なんてことはない、すぐにわかった。

16年ぶりに会った吉田先生は、ちょっぴりふっくらしてたけど、他は何も変わってなくて、匂いさえも同じでさ。

「あら〜、随分きれいになっちゃって〜。目元に面影あるわね。」と言われた。

あまりに久しぶりで、あまりに感動して、なんだか照れたけど、そんなのは最初の10分だけ。
代々木上原のレストランで、5時間近く二人とも喋る喋る。
そりゃ尽きないよね、16年ぶりだもん。

「先生、何歳なんですか?」

「もうおばさんよ〜。今年で8よ。」

8。
つまり48歳。(あ、言っちゃった)
つまり、私の担任だった時は32歳だったということだ。

それから今までの人生話をいろいろ聞いたんだけど、なんとまあ波瀾万丈な人生。

バイタリティー溢れる人柄なのに加えて、48歳にもなればいろいろあるよね、そりゃ。
恋も仕事もいろんな経験をしてて…。

「でも、こういう風に大人の話をできるようになったことが、一番嬉しいね」とお互い言ってたんだけど。

まさか小学校2年生の子供だった人と、恋や仕事や人生の話をすることになるなんて思ってもみなかったと思うし、私もそうで。

16年ぶりに会ったというのに、何だかわかってくれているような安心感と信頼感で、なんというか…ジーンというか、こういうのって素敵だなあって思ったよ。

別れ際に、
「これからはずっと東京にいるから、いつでも会えるし、何でも相談してね。
親にも友達にも誰にも言えないことも、私なら聞いてあげられると思うから。」と言ってくれて、またしてもジーン(:_;)

そういう風に陰ながら支えてくれる人やずっと見守ってくれている人が私にはたくさんいるのよね。

それは私の誇りだなあって思った。

00030_.jpg大事にしたい、いつまでも。


で。

6月3日から公開される『LOVE HOTELS』を是非見にきてもらいたくて、チラシ渡して。
で、『LOVE HOTELS』プロモーション用のコンドーム(写真のブツ)があるんだけどさ、
さすがに先生にコンドーム渡すのはどうだろうと思ったけど、思い切って渡したら、
「あら、かわいらしい。重要よね、これは」
と言われた笑



2006年4月22日 00:02 | コメント(2) | トラックバック(0)



  さよなら、テルテル

00023_.jpg友達が作ってくれたテルテル坊主


落ちてる…

1階の住人は、ベランダに落ちている得体の知れないティッシュのカタマリ(しかもなんか書いてる)を、きっと不気味がるんだ。

いや、もう不気味に思っているかもしれない。

いつ落ちたのさ?

そして、その不気味なカタマリを落としたのは、2階の住人でしかないことを悟り、一体どういうヤツが住んでるんだと思われるんだ…

私を元気にしてくれた『DREAM』と書かれたテルテル坊主は、他人から見たら不気味なティッシュのカタマリでしかないんだ…

ごめんね、テルテル。

不気味に思われるようなことをしてごめんね。

君は、私を元気にしてくれたよ。

でも、わざわざ
「落とし物をしたので、取らせてください」
って1階の住人を訪ねることは、ごめん、できない…

さよなら。



2006年4月21日 13:33 | コメント(4) | トラックバック(0)



  だいぶ遅くなりました…

0590.jpgじゃ、そろそろフランス話を。

久しぶりのパリは、とにかく懐かしかった〜。

モンマルトルの丘や、オペラ、サンジェルマンデュプレにサンポールなどなど、1年前の撮影の時に行った場所にもう一度行けて、
「あーここ来た来たー」って感じで。

曇りがちなパリも、私がステイしている間中ずっと晴れてて、写真撮りすぎたくらい。

それにしても、リールという街は、なんちゃなかったなー。

1194_.jpg
いちおフランスの都市の中では大きな方らしいけど、パリの雰囲気とは全く違ってて、これといって特徴もなく、普通の地方都市って感じ。

大型デパートが駅前にあって、日本人の私からしたらどうってことなかったけど、フランスの人からしたら、ああいうデパートとかって便利なのかな。

そう言えばパリには安い店がたくさん入っているデパートってないなあ。

ま、あんまあってほしくないけど。

映画祭はあまり盛り上がっていなかったんだけど、でもそれは例の暴動とかのせいもあるのかな。

2909_.jpg
私たちがリールに到着する前日に暴動があって、学生が建物に立てこもったり、電車がとまってたらしい。

日本でそういうことってめったにないから、そういうことを説明するときってけっこう興奮しちゃいそうだけど、映画祭のスタッフは、まるで
「どうってことないよ、そのくらい」
ってな具合で、フランスなまりの聞き取りにくい英語で話をしてくれて。

生きている環境が違うんだなあ…

日本はなんて平和なんだと、今回のフランス旅行中何度も思ったなあ。

1993_.jpg具体的にどういう時にそう感じたか、よく覚えてないけれど。

そして、肝心な『10』のお客さんの反応は…

「ふっ」
「くっ」
=失笑
でした(-_-)

はは、あれはまあそうだよね…

さて〜次はどこの映画祭に行けるのやら…ってか行けるのか…?



2006年4月20日 18:21 | コメント(1) | トラックバック(0)



  ちょっとした意地悪

0673_.jpg『ある偶然の出来事を維持しようとする不幸な試みを結婚という』
by アインシュタイン

こんなことを書いたら、今年結婚する友達や従兄弟に怒られそうですが、面白いなーと思ったので紹介します。

でもさ、「不幸な試み」ってちょっとひどいよね(苦笑)

「結婚=不幸」みたいじゃんね。

私は自分の両親を見ていて、
「結婚=お互いの違いを認め合い尊重すること」
だと思う。

不安はいっぱいあると思うけど、お互いをちゃんと尊重できれば、どんな困難も乗り越えて行けるはず。

ま、結婚しようが、遠慮なく遊びに誘うけどね。

マリッジブルーになれるだけ、羨ましいっつーの!(>_<);;;



2006年4月19日 08:42 | コメント(2) | トラックバック(0)



  最近考えている事

paris_11.jpgフランスでのこと、というよりも、最近なんとなくずーっと考えている事を書きたい気分なので、そっちを書こっと。

なんかね、別に今に始まった事じゃないんだけど。

自分が何で役者やってるのかとか、何のために生きてるのかとか、何が幸せなのかとか、毎日どうありたいのかとか…

そんなことを考えてて、結局いつも何もはっきりとしたことなんてわからないまま、日々が過ぎていっててさ。

映画や本や人からの話などから、その時の気分でその時なりに納得したりしなかったりしながら時間が過ぎて行って、それさえもあまり自覚してなかったり。

でも、フランスでもそうだし、私が仲良くしてもらってる尊敬する役者さんたちや信じているスタッフとの関わりの中で、今改めて考え直している事があって。

それは、自分に求められている事ってなんだろうってことに真っ直ぐ目を向けることが、きっと重要なんだなってことで。

うーん、別に難しい事を言いたいわけじゃないんだけど…なんと言うか…あまり自分にとらわれたくないなーというか。

paris_12.jpg「私ってどうしたいんだろう?」

この自問自答をずーっとしてきたのに、あまりにもそれが見えないのはなんでだろう…?

細かいレベルではいろいろあるよ。

自分がまだまだまだまだ至らない部分がたくさんあって、それを一つずつクリアしていくべきだと思うしね。

ただ、そういう個人的な自分の欲求とは別に、周りが私に求めている事、究極的には、神様が私の人生に求めている事が何なんだろう、みたいなことを考えたりしているわけですよ。

そう考えると、自分にとらわれないので、単純にラクなの。

そして、永久的に死ぬまで成長しつづけることができる人間になれると思うわけさ。たぶんね。

だからといって、自分がない人は周りに左右されて壊れちゃうから、そこらへんのバランスが難しいんだけど。

みたいな、ことを考えている今日この頃。

ドイツのサッカー選手、オリバーカーンが、2006年のワールドカップのキーパーに選ばれなかったときの記者会見で、
「自分の挫折を受け止める能力も、その人の能力なんだ。」
的なことを言ってて、すげ−良い言葉だなと思ったのね。

能力っていろんな能力があるけど、自分の敗北や挫折を受け止めるのも能力なんだと。

paris_13.jpgその言葉を聞いて、私はなんだかすごく納得したんだよね。

オーディションに落ちたり、うまくいくはずだった事がうまくいかなかったりすることなんて日常茶飯事だけど、誰かのせいにしたり拗ねたりせずに、それを真っ直ぐ受け止める事も能力なんだと。

カーン、好き。

ドイツ好きな私としては、妙に親近感(-_-)?

ふう。
なんか、フランス全然関係ないね…

まいっか。



2006年4月16日 00:44 | コメント(4) | トラックバック(0)



  フランスへの旅 〜とりあえずアップしたいから編〜

paris_01.jpgやっと!!

フランスでのいろいろをやっと今ここに書く事ができる…

なぜなら、パソコンがなかったから。

それはなぜかと言うと、スーツケースがパリに置き去りにされたから!

そう、ほんとにいろいろあったんだよ!!!フランス!!!

今回一緒にフランスへ行ったのは、小林恵美監督と村松亮太郎監督。

小林恵美監督作品『10』がリール国際映画祭にノミネートされたため。

今までは、
監督:村松亮太郎
助監督:小林恵美
主演:原田佳奈

の作品で映画祭にノミネートされていたんだけど、今回は

paris_02.jpg監督とカメラ:小林恵美
出演:原田佳奈、村松亮太郎

の作品でした。
初映画祭ノミネートでした。
パチパチー。

つーことで、はるばる日本からフランス北部リールに行ってきたの。
そんでもって、帰りにパリにも寄って、写真をたくさん撮ってきたというわけ。

しかし、今回の旅はトラブル多過ぎ(>_<);;;

まずは初日からやってくれました…(いろんな意味で)トラブルメーカー村松監督。

東京UFJ銀行の通帳とパスポートを見間違え、通帳を持ってきてしまったの。

確かに似てるけど!同じ赤だけど!!

これには、恵美さんも私も笑うしかない。

でも笑ってばかりはいられない。

paris_03.jpg新宿から成田エクスプレスに乗れたのは、予定してた時間の2時間後。

つまり、めっちゃギリギリセーフで飛行機に飛び乗った私たち。

ま、初日がこんなだったわけよ。

バッタバタだよ。

ちなみに、帰りの飛行機に乗れずに一日遅れで帰国したし…スーツケースがパリに置き去りにされてさっきやっと家に届いたし…行き帰りはほんとにいろいろありまして。

ま、でも、旅にトラブルはつきものだしね。
トラブルが起きたときの対処法がだいぶ身についたよ(-_-)☆

写真はまだまだたくさん撮ったんだけど、今手元にあるのがこのくらいなので、また小出しでアップしていくね。

とりあえず。

取り急ぎ。



2006年4月14日 23:59 | コメント(4) | トラックバック(0)



  すっかり元気☆

こんなにもファンのみんなから励ましのコメントやメールをもらえるなんて思ってもいなかったので…何だかほんとに嬉しかった☆

ありがとうね。

みんなのおかげでもうすっかり元気モリモリです。

ってか、頭はすでにフランスです笑

明日からパリ〜リール。

パリは去年の2月に2週間ほど、『Origami Boat』と就活女優の撮影で滞在していたので、かなり懐かしいんだろうなあ…

その撮影の様子はこちらこちらこちら見てくれれば、何となく雰囲気わかると思う。


めっちゃ楽しそうでしょ?笑

モンマルトルの丘やバスティーユ、セーヌ川沿いなどでずっと撮影をやっていたんだよねえ…

今考えれば、もう少しパリを堪能したかったけど…撮影だからしょうがない(-_-)

今回は映画祭を楽しむのはもちろんだけど、写真もたくさん撮ってきたいと思います!

お楽しみに?

では、行ってきまーす!



2006年4月 3日 21:34 | コメント(3) | トラックバック(0)



  夢が叶うテルテル坊主

00011.jpg友達が一緒にいてくれなかったら、どこかに失踪していたかもしれない。

そして、落ちるところまで落ちて、立ち直るのにけっこう時間がかかったかもしれない。

…例の連ドラ、最後の最後でダメでした。

オーディションが終わった日の夜は、とりあえず飲まずにはいられなかったので、友達を家に呼んで飲んでいたわけですが、気づいたら電車がなくなり、うちに泊る事になり、そのまま次の日朝早くから
「井の頭公園でサクラ見ようぜ」ということになり、社長からの電話を受けたのが朝10時の吉祥寺アーケードの中だった。

「けっこういけるかな…」と思っていたので、結果を聞いた時はそれはそれはショックで。
でもそれ以上に、周りの期待に応えられなかったことがほんとに申し訳なくて、逃げ出したい気持ちでいっぱいで。

電話を切って明らかに落ち込んでいる私。

「なんでやろ…」
「むかつくわー」
「けっこういけると思ってたんやけどなあ…」
「あーもー最悪やん」

ブツブツひたすら半泣き状態で呟いている私。
無気力になっている私。
目が空ろな私。
今何がしたいのかよくわからなくなっている私。
どこで何をするか何も決められない人になっている私。

そんな超×100不安定な私に臨機応変に対応してくれた友達に感謝。

あんなにも人に気を使わずにいられたのは、初めてかもしれない。

けっこう力をいれていたオーディションに落ちた時、いつもけっこう落ち込むんだけど、それと同時に、いろんなタイミングやバランスや自分ではどうにもできないことってのがあるってのも理解できるようになってきてはいるが。

だからと言って、落ち込む時は落ち込むわけで、超悔しいし、「見てろよ!」とか思うし、「芝居が良かったんなら使えよ」とか思うし。

一度感情をガーって吐き出さないと次にいけない。

「まーしょうがなかったんだよ」とかでは済まない。

「しょうがないんだろうけど、しょうがなくないんだよ!」みたいな。

00018.jpgだから、井の頭公園の満開のサクラを見ながら、友達のどうでもいいよーなたわいのない話を聞いているうちに、笑いながら泣けてきた私。

そして少しは気が楽に。

そんなこんなで昨日は何も考えられなかったんだけれど、何とか今日は天気がいい事もあり、昨日友達がベランダに飾ってくれた『DREAM』と書かれたテルテル坊主を見て、
「また地道に頑張ろっと」と思えています。

そして、4月4日から、フランスの映画祭に就活女優で撮影した『10』(小林恵美監督)がノミネートされたので、それに行く事に決めました。

フランスで、これからのことをゆっくり考えられたらいいなと思い。

こんな私をどうか許してください>社長、マネージャーゴー君、周りのスタッフたち、家族

頑張りますから。これからも。



2006年4月 1日 15:46 | コメント(7) | トラックバック(0)



  ダンスオーディション通過してしまった…

はい。

あがったりさがったりしていますが…

すべては明日のオーディションにかかっているです…

そう、気づいたら…最終オーディションまできているのねーん。

ふう。

「明日頑張ってください。出来る子なんで、大丈夫だと思いますが。」

マネージャー、ゴウ君からの留守電。

「出来る子」って…。そうね。私デキル子だよね。うん。うん。

これダメだったら、本気で落ち込むから、その時はよろしくね。



2006年3月29日 22:20 | コメント(0) | トラックバック(0)



  ただでさえ丸顔なのに

みんなの助言を素直に聞いて、ジムで「走る」ではなく、プールで「泳ぐ」をしてみました。

気持ち良かったよ。

水泳はあまり好きではないんだけど、なんか今日はスイスイ泳げた。

ただただ無心で泳ぎ続けて、ほどよく疲れて、少しは気分が前向きに…

なるはずだったのにー!

ゴーグルの跡形がくっきりついて、パンダみたいになったのは予想外。

「私…パ、パ、パンダみたい…」

テンションドーン落ちる。

00058.jpg今日は、6月3日〜池袋テアトルで公開される『LOVE HOTELS』のマスコミ試写があって、ちょっぴり顔を出すことになってた…。

しょうがない。すました顔して行こうっと。

主演なのに…パンダ顔…

ま、でもいいじゃん。いいじゃん。

かわいいかわいい。

…グスン(;_;)

もー明日は絶対泳がないから!プンプン!



2006年3月27日 20:30 | コメント(4) | トラックバック(0)



  あがってんのーさがってんのー

ふう…

今日は例の連ドラの二次オーディションで。

二次はダンスのみを見られてあっけなく終了。
その場で振り付けをつけられて、すぐその場で「はい、どーぞ」
さすがに、みんなダンス経験ある子ばっかで、覚えがはやくて上手だったなあ…
私なんていっぱいいっぱいだったよ…

ふう…なんだかなあ…

モヤモヤモヤモヤ…

「あーーーー!もーこんな時はとりあえずおいしいものでも食べてやる!」

と、そのとき一番食べたかったお茶漬けを食す。

00057.jpg『炙り明太子と水菜の出し茶漬け』

うまーい?

はあ…
でもいまいち気分が冴えない…

ああ…ああーもー弱音吐きたい!けど吐かない!!

大体、「弱音吐かない」とか言ってる時点で甘いんだよ!

頭の中がグルグルグルグル…

映画だ。
こんな時はあの映画だ。

奇跡の海』のエミリーワトソン、『モンスター』のシャーリーズ・セロン。

ああ、何度見ても…何なのよ、この芝居…
そうだわ、私はここを目指しているんだったわ…
何をやっているんだよ…

いちいち落ちてる場合じゃない。

そしていちいちつられている場合じゃない。

ふう。



2006年3月24日 21:19 | コメント(4) | トラックバック(0)



  誰が何のために…

00046.jpg昨日、福島のいわきで、撮影中にこんなもの見つけた。

通称「グーチョキパーマンション」

田舎って、どうしてこんな意味不明な銅像が多いのだろう…

新築のマンションの前に、どうしてこんなもの建てたんだろう…

縦に並んでいる…しかもチョキが不自然…

あまりの寒さに顔が引きつっていた私も、このグーチョキパーのお陰で和みました。

撮影した写真は、もうすぐサイトにアップするので、お楽しみに☆



2006年3月22日 22:26 | コメント(5) | トラックバック(0)



  Wiz/out完全クランクアップ!

01821.jpg長編映画『Wiz/out』の私が出演するパートがクランクアップしたのは、去年の10月。


もうあれから半年くらい経っているので、やっと全体の撮影が完全にクランクアップしたという知らせを聞いて、
「あーやっと終わったんだなあ」となんだかしみじみしてしまった。

もちろん、同時に今からが始まりでもあるんだけど。

昨日、オールアップの打ち上げがあって、久しぶりに園田監督やFIPのスタッフのみなさん、キャストのみんなに再会。

半年前まで、あんなに毎日のようにWiz/outのことばかり考えて、みんなとあーだこーだ言っていたというのに、久しぶりに会うと、何だか妙に恥ずかしかったなあ…。

なんだろ、この気持ちは。

Wiz/outのプリプロ、顔合わせからリハーサル、撮影メイキングから撮影終了までを切り取った映像も上映され、改めて、自分がこのプロジェクトに参加できて良かったなと実感しました。

初めて園田監督とプロデューサーの森さんと会ったとき、
「何だか面白そうだからやってみたい」
と直感的に思って以来、ヌプヌプといろんなことに巻き込まれながら、気づいたら自分の居場所を見つける事ができたこの映画。

きっとなかなかもつことができない部類の感情なんだと思う。

昨日一番嬉しかったのは、園田監督から「ウルトラCがわかった」と言われた事。

私は、撮影前からずっと監督やキャストのみんなに
「ウルトラCを出します」と宣言していたのね。

とにかくすんごいもの出しまっせ、と。

なんでそんなこと言ったのか、正直覚えてないんだけど。

何かしらトライをしたいという気持ちがあったからだと思うけど。

でも、撮影が終わって、
「どこでウルトラCを出したのか」自分でもわからなくて。

それは、自己満足ではわからない、編集が終わって人が見て感じるものだから。

で、今編集作業をしている園田監督から、
「ウルトラC見つけたよ」と言ってもらえて、とりあえず第一段階の満足が得られて良かったなと(笑)

あとは、お客さんが見て、それを同じように感じてもらえればいいんだけど。

トムのカメラワークも監督の編集もとにかくすべてが楽しみでしょうがないです。

長編映画の主役をやらせてもらったので、この作品が私の代表作品になる事は間違いないでしょう。

一刻もはやく、みなさんに見てもらえるようになりますように!

お楽しみに!!



2006年3月21日 23:14 | コメント(1) | トラックバック(2)



  最近気になる人

MS.jpgここのところ、この人が気になってしょうがない…


この人が書いた本、この人が書いた戯曲、この人が監督した映画、この人主演の映画、この人演出の舞台…

見れば見るほど、はまっている自分がいる…

この人のサイン会だったら面白そうだから行こうかなと思ったが、気づいた時にはサイン会整理券配布が終わっていた…。

ガビーン。

リリーフランキーもこの人も私も、北九州出身なのさ。ふ。

それだけで親近感を覚えてしまっている自分が、気持ち悪いけど愛しい。



2006年3月18日 22:27 | コメント(5) | トラックバック(0)



  調子のってみます

外国人に声をかけられやすいという話を以前したと思いますが。

今日、久しぶりに声をかけられました。

でも、今回はあまりにもさりげなく、
ナンパ
という安っぽい言葉で片付けたくない感じで。

ま、でも、結局
ナンパ
という言葉でしか表す事ができない類の行為だったわけで。
ナンパ
以外のボキャブラリーを思いつかない自分が悔しい。
ごめん、それは言い過ぎた。別に全然悔しくはない。
正真正銘のナンパでした。はい。

しかも、ここまで引っ張っておいて、ナンパされたこと以外、とくに語りたいエピソードがあるわけではない。

単に、その人がミュージックステーションのナレーションを18年間やっている人だった、というのが言いたかっただけです。

ミュージックステーションの「CDヒットランキングトップ10!」とかを、低くて渋い声でめっちゃ良い発音で言っている人。

そう、外国人ナレーターWard Sextonさんだったのだ。


声を聞けばわかる人もたくさんいると思う。
私もそのときいろんな台詞を言ってもらって
「あーその声もあなただったんですか!」と感動したから。

「SONY」のCMの「ソニー」という声とか、「バイオハザード」の声とか、あとは…ああ、思い出せない。
いろいろあったんだけど。
ま、いいや。

今日、CMのオーディションで、役柄の設定上、リクルートスーツを着ていた私。

オーディションまで少し時間があったので、近くのカフェでお茶をしていたら、
奥の方に座っていたダンディなハーフっぽい男性がこちらをチラチラ見ているのに気づく。

「業界関係者っぽいし、もしかしたら今から受けにいくオーディションの関係者かもしれない」
と思ったので、なんとなく意識しているようなしてないような微妙な感じで本を読んでいたら…

店を出る時…きました。

お互い明らかに意識していた感じだったので、目が合うと自然とあまりにもさりげなく彼が声をかけてきた。

「あまりにもきれいだったので。オーラあったから。」

でたーーーーーーーーーーーーーー原田特有の「自慢じゃないよ」的なさりげない自慢。

「就職活動してるの?」

「いや…女優なんですけど、今日オーディションでこれ着てるだけなんですけどね。はははー」

「やっぱり!そういう仕事してると思った!店に入ってきたとき、オーラあってつい見すぎちゃった」

いやいやいやいやそんなことないですから!

「どこかで見た事あるけど、何か出てます?」

「まあ、CMとかちょこちょこ…」

「あなたは絶対ビッグになるね」

いやーここまできたら自慢も、厚かましいを通り越してすがすがしいね。

ま、彼との出会いは、これ以上でも以下でもなく、とくに発展もせず。

同じ業界なので、どこかでまた再会するかもしれませんが、その確立は…低い。

麻布のカフェでは、こういう出会いが期待できます。

みなさんも、是非。



2006年3月17日 20:54 | コメント(2) | トラックバック(0)



  まずは、求めてみる

00014.jpgそもそも「人との意思疎通」ってのは難しいものなんだろうけどさ。

私の場合、マネージャーとの意思疎通が日常の半分以上を占めているので、そこのプライオリティはかなりでかい。

私のサイトをずっと見てくれている人はもう知ってると思いますが…我が事務所JFCTの若きホープ、マネージャーのゴー君と昨日久々に飲みに行った。じゃなくて、打ち合わせをした。

あ、彼を知らない人は、まずはこちらを読んでね。


マネージャーを始めて8ヶ月くらい経ったゴー君。

右も左も前も後ろもなーんにもわからなかった彼が、だんだんとマネージャーらしくなってきている。

そんな彼と、久しぶりに改めて「これから原田佳奈どうするよ?」って話をしてみました。

私は普段
「私ってこうなんだけど、どう思う?」とか
「私ってこういうのがスゴく好きでこういうのが嫌いなのよね」とか、「私ってこうなのよ」的な話をあまりしない。

面と向かって自分を主張するのがわりと苦手らしく。

昔からそうだったから、きっとそういう資質の人なんだと思う。

でも、昨日の私はちょっと違っていた。

「私ってこういう人だと思うのね。こういう風に見えるらしいんだよね。どう?それどう思う?ゴー君から見てもそう?もっとこうした方がいいと思うんだけどどう思う?もっとこうならないといけないと思うんだけどゴー君はそのために何がやれると思う?私には何がやれて、ゴー君には何がやれるんだろうね。そこが課題だよね。そこらへんお互い頑張ってみようね。私ってさー私ってさー…」

気づいたら自分の話をすごくしてた。
そして、ゴー君にも求めていた。
それってとてもいい傾向な気がする!

自分のことも知ってもらいたいし、相手の事も知りたいし、お互い良くしていこうとする力がうまいこと働けばもっともっといいんだろうなあと思えた、いい飲み会でした。じゃなくて、打ち合わせでした。

まずは求めてみるってこと。何か変わるかもしれない。

相手のせいにしちゃダーメ。
…と、自分に言い聞かす。

けっこう飲んだのに、酔いつぶれなかったゴー君は、ちゃんと電車で帰っていきました。

…成長したな。

あ、そういえば、去年イタリアに行った時のお土産のネクタイをしてくれていたね。
サンキュ。



2006年3月16日 22:08 | コメント(4) | トラックバック(0)



  短編.jp

短編.jpというサイト発見。


一日で撮影するってのが、就活女優と同じだーね。

いろんな監督が参加してるとこも似てるー。

マキマキも参加するみたいです。

おもしろそー。



2006年3月14日 14:39 | コメント(3) | トラックバック(1)



  いつもの休日☆

00059.jpg予定していた撮影がなくなり、ぽっかり暇になってしまった今日。

「近くのカフェ行かない?」とご近所友達を誘ってみるが、やはり無理。

ま、こんなことは慣れっこなので、1人で近くのフレンチカフェを開拓してみて、ランチをし、パソコンをパチパチ。

近くの図書館で『ジョディー・フォスターの真実』を発見。即借りる。

その後また別のカフェを開拓。

おお!ネットが繋がるじゃないの!
これからかなり活用しちゃいそうな予感。

そこでもパチパチパソコン。

そんなにパチパチ何を書いているかと言うと、就活女優の2年間を振り返って、文章を書いているのだよ。

本になったら素敵だなと思ってさ。

それにしても、今振り返ってわかることがけっこうあってさ、自分的にこの作業はかなり楽しい。

文章を書くのも好きなので、どんどんいろいろ書きたくなっちゃう。

ああ、今ここでもいろいろ書きたい…(-_-)

でも、もう少し我慢することにします。

待っててね。



2006年3月12日 19:41 | コメント(4) | トラックバック(0)



  面白い体験をしました

今日7月クールの連ドラのオーディションに行ったのね。

その役がさ、高校生だったの。
で、もちろんオーディションに来ている子たちは、15歳〜18歳の女の子ばかりなわけさ。

まず写真選考に通過した時点でビックリなんだけど、実際15歳〜18歳の女の子たちと同じ控え室でオーディションを待っていたとき、明らかに私だけ違うわけさ。

なんというか…雰囲気が。

みんなキャピキャピだし声とか高いしどうでも良いことで笑うし必要以上にビックリしたりするのさ。

キャスティング会社などに顔見せに行くと、10人が10人「10代に見られるでしょ?」って言うから、もうそれは受け入れてるし、わりと年配の方には、私が高校生くらいに見えるんだろうなって思ってたのね。

でもね、オーディション部屋に入って、
「10代に見られます」
って自己紹介した途端、その場にいた他の6人の女の子たちが一斉に
「ええええええええええええ!!!!!」
って絶叫したの。
「10代じゃないんですか!?」ってな具合に。

つまり、私が勝手に違和感を感じていただけで、他の子たちにとっては私は同年代の子だと思われていたんだよね。

これってかなり私にとって面白い体験でした。

そっか…そうなんだ…はーん、みたいな。

で、みんなに絶叫された瞬間、何かが私の中で吹っ切れまして。

若さを強調することはせず(ってか最初からあまり若さを強調するつもりはなかったんだけど)、かなり自然体でそこにいました。

台本を読んでみたり、体を動かす事が要求されるドラマなので、ダンスの振り付けをその場でされて、その場で踊ってみたり、柔軟性やバランス感覚を見られたり。

いつものように、ベストを尽くしました。

これでダメでもまあいっかって感じ。

しかしみんな高校生ってか子供やん…
ま、その子たちに同年代と思われていた私もどうなのって感じだが。ぷ。



2006年3月10日 22:32 | コメント(7) | トラックバック(0)



  カツを入れます

いつもいつもいっつも。

「自分」ってやつが一番手強いなあ。

ああ、自覚が足りない自覚が足りない。

戦わなければ。

タフになれー

日々戦ってる?



2006年3月10日 12:19 | コメント(5) | トラックバック(0)



  最近の子供は手足が長い

009110.jpgトリノオリンピックは、もうとっくに終わっているけれど、フィギュアスケートはまだまだ盛り上がっているね。

そう言えば、オリンピックで荒川静香選手の金メダルが決定した瞬間の映像が何度も流れていたけれど、実はあの映像の中に、私の懐かしい人の顔が…。

「あれ?あれれ?めっちゃ喜んでいるあのおばちゃんは、もしやあのおばちゃん!?」

そう、私は小さい頃(多分幼稚園くらいの頃)、アイススケートを習っていて、その先生が荒川選手の斜め後ろで、めっちゃ喜んでいた。

あのおばちゃんは、家が近くて、スケートを辞めてからもたまに会ったりしていたんだけど、オリンピックに行くほどすごい人だとは知らなかった。

私にもオリンピックに行けた可能性があったんだなあ、なんて思ってみたり。

それってなにげにすごい。



2006年3月 8日 08:32 | コメント(0) | トラックバック(0)



  子供は見ている

00050.jpg最近おばあちゃんと文通をしている。

ネットなんて見れないおばあちゃんとは、文通が一番。
私がテレビに出るのを誰よりも心待ちにしている。

先日届いた手紙に、私が小さい頃おばあちゃんに出した手紙が同封されていた。

『おじいちゃん、おばあちゃんへ
おじいちゃんおばあちゃん元気ですか?かなは元気です。
バレンタインデーのちょこレート、おいしかったですか。
おみそしるのつくりかたは、かんたんだよ。
おじいちゃんもおばあちゃんも、年をとってから、わかさがすこしもみあたりません。
わたしが大きくなったとき、どこでもつれていってあげるね。たのしみにまっててね。
このごろ、おとうさんとお母さんがけんかをはじめました。もうはじめて2週かんたちます。お母さんもお父さんも口をはなさないで、しーんとしています。
とてもかなしいです。けんかがおさまるほうほうはありますか。あったら、そっとお手紙でおくって下さい。
このことをきいておどろかないでね。けんかのりゆうはまたこんどおしえてあげます。わざわざ電話なんかしてこないでよ。
おじいちゃんたちも、どんどんじみょうがちかずいているけど、長生きしてよ。
では、またね。
佳奈より』

どうよ、この手紙。
私のあまりにもストレートで、遠慮を知らない毒に満ちあふれた幼少時代が浮き彫りで、爆笑してしまった。
「わかさがすこしもみあたりません」とか「どんどんじみょうがちかずいているけど、長生きしてよ」とかストレートすぎ。
お父さんの会社の体格の良い事務のおばちゃんに向かって「ブズのおばちゃん」と何の悪気もなくニコニコしながら連発していた幼少時代。
その度に母リンコは冷や汗だったらしい。

あと、父と母の仲が悪かった様子も敏感に感じとっているところなんかは、さすが子供。

これを書いたのが4歳半のころだよ?すごくない?
ちゃんと漢字も書いてるし。
喧嘩の理由も、わかっていたみたいな様子だし。

実はこんな手紙を出した事なんて全然覚えていなかったのだが、先日リンコに「佳奈が小さい頃、おばあちゃんに手紙を書いてて、おばあちゃんから電話がかかってきた事があるんよ」という話を聞いていた。

こっそり出したはずの手紙はバレバレだったのだが、そのおばあちゃんからの電話で母リンコはハッとしたという。

子供ってすごいね。

子供にとって、パパとママが仲良しなのが何よりも嬉しいんだね。

うちは、リンコがしっかり子育てをしてくれたおかげで、兄も私もグレル事なく真っ直ぐ育つ事ができ、そしてリンコが何不自由なく子育てができたのは、父ががっつり稼いできてくれたおかげなんだ。

そして、今では二人は、結婚当初に比べたら信じられないほど(本人達が一番信じられないと思うけど)うまくいっている。
最初は良くてどんどん悪くなる結婚生活はよく知っているけれど、うちは全く逆だ。

いつどんなタイミングでどんな流れになるかわかったもんじゃない。

結婚なんてまだまだ未知の世界。

結婚に夢は抱かないけれど、うちの親みたいな関係になれたらなかなか結婚も悪いもんじゃない。

いやはや、この二人に育てられた私はなんて幸せ者なんだろうと、最近よく思います。

この場を借りて、父、母、おりがとう。
そして、おばあちゃん、ありがとう。



2006年3月 6日 19:30 | コメント(8) | トラックバック(0)



  ワンコに癒される

00049.jpgかわいいワンコ!

先日顔見せに行ったキャスティング会社にて。

私の顔をじーーーーーーーーーーっと見つめてほんとにほんとにかわゆいったらありゃしない(><)!

顔見せそっちのけで、彼女から目が離せない私。

「興味のない人には目を合わせないのに、めずらしく見つめてるわ」とキャスティングルームの森山さんが呟く。
動物に好かれると、心がきれいになった人みたいな気分。

ああ、いろんな会社にワンコがいてくれたらいいのに。

きっといろんな人が笑顔になって癒されるはずなのに。

ワンコ〜



2006年3月 4日 15:55 | コメント(4) | トラックバック(0)



  いろいろ微妙な15歳

映画の試写会を2本立てで見る。

寝ずの番』と『青いそら』


『寝ずの番』は、ベテランの役者さんがたくさん出ていて、芝居の見応えがあって好き。

『バチが当たるほど面白い!』ってのがコピーなんだけど、確かにあの設定であの笑いはバチが当たりそうな感じね。

でも、R-15なんだね。
あれで15歳以下は見れないんだあ。
台詞が過激だから?
描写は全く過激ではないのにあれでR-15なんてけっこう厳しいんだなあ…。

でもさ、R-15とR-18があるけど、15歳と18歳の違いって何なんだ?

ってか、昔からR-15とかR-18の基準って変わっているのかしら??

今の15歳と20年前の15歳は、かなり価値観が違うと思うんだけど。

今の15歳はどんなこと毎日考えているんだろう。

あ、弟は今年15歳だわ。

うーん、でも田舎の15歳と都会の15歳もかなり違うと思うし…

どうなんだどうなんだ…

スカウトされたのが15歳。
部活を始めたのが15歳。
しょっぱい恋をしていた15歳。
ミスチルに熱狂していた15歳。

15歳っていろいろあったなあ…。

弟もそろそろいろいろあるんだろうか…。わお。

あ、『青いそら』は、15歳の若者たちのさわやかな青春映画だったよ。



2006年3月 2日 22:41 | コメント(3) | トラックバック(0)



  久々のドラマ!

00045.jpg今日は、春のスペシャルドラマの撮影。

ドラマは久しぶりだなあ。

しかも、いつになくキャピキャピしたギャルの役。

あれ?もしかして2004年の9月に放送された『世にも奇妙な物語〜秋の特別編〜』以来!?

あらまあ。もう1年半も経つのか…

その時に共演した篠原涼子さんは、この数年であんなにビッグになっちゃったんだなあ…

私は……

頑張んなきゃなあ…。ふは。



2006年2月27日 20:49 | コメント(7) | トラックバック(1)



  明石監督ワークショップ終了

00036_.jpg5回にわたる明石監督のワークショップが昨日終了した。

4日目に撮影したシーンの映像を、監督が編集をして、最終日にそれを見ることによって、イメージしている自分とカメラに映った自分のギャップを見る事ができたり、ただ単に「レッスンのためのレッスン」ではなく、実践に繋がるレッスンになっていたので、とても充実した5日間だった。

自分のことで言うと、カメラに撮られた時の自分が、自分のイメージと大体一致するようになってきているので、今回も違和感みたいなものはなかった。

でも、ヨリの芝居の方が、ヒキの芝居よりも伝えたい事がわかりやすい、とか、相手役によって芝居が変わってくるところなんかは、相変わらずだなーと。

今回、とにかく楽しもうと思っていたので、明石監督にもわりと楽にいろんなことを聞いたり「こんなんどう?」みたいな感じで、いろんな芝居をしてみた。

明石監督も、私がいろいろ面白がって芝居をしているのを見て、日が経つに連れて他の人よりも攻撃的に(もちろん愛のある)コメントをするようになっていたように思う…(笑)

打ち上げの時に「私どうでした?」とストレートに聞いてみると、
「原田は、有能なプロデューサーに出会えれば、すごく良いと思う」と言われる。

「監督は一種一過性のものというか、波があるけれど、有能なプロデューサーで自分の良さをわかってくれる人に出会えれば、その人がいろんな監督との繋ぎ役になってくれるから、そうなればおまえはもう大丈夫なんじゃないかな」と。

人との出会いというのは、いつどんな時に訪れるかほんとにわからないので、常にベストを尽くしていれば、まあいつか出会うべくして出会うかなと。

明石監督との出会いは、今後に繋がっていく貴重な出会いになったと確信しています。

いつになるかわからないけど、いつかまた監督と一緒に作品を作りたいな。

楽しかった!



2006年2月27日 09:54 | コメント(2) | トラックバック(0)



  就活女優とは?そして今後…

pro__06.jpg就活女優としての活動は、本筋は「監督就活」です。

その監督就活は、去年の夏に一段落しました。

日本はもちろん、韓国やフランスでのロケを含め、3分の作品が14本完成しました。

今後、それらの作品やメイキング映像、はたまた真面目なお遊びであるベリベリショートなどをひとまとめにして、何か形に残していければ良いなと、いろんな人が今動いております。

監督就活をやっていた間も、それ以降から今までも、就活女優以外の活動、こちらが本来の女優としてのお仕事ですが、映画やドラマ、CMなどを同時進行してきました。

プロの役者として、さまざまなお仕事をしていく中で、いつも就活女優ハラカナとしてではなく、女優原田佳奈として、お仕事をしてきました。


pro__02.jpg
でも、決して就活女優と切り離していたわけではありません。

なぜなら『就活女優=企画』ではなく、『就活女優=スタンス』だからです。

見え方として、ちょっとわかりにくいんですけど、就活女優というのは単なる企画ではなく、いや、企画と言えば企画なんだが、
『自分でやりたいことを自分で決めて、自分で行動を起こしていかないと何も始まらない』
という考えのもと、普段のお仕事もそういうスタンスでやってきましたし、これからもそれは変わらないと思います。

で、去年の夏一段落してから今まで、ほんとにゆっくりマイペースにいろんな事を考えて。

ここで改めて、就活女優としての活動を少しずつではあるけどまた始めていこうかなと思います。


pro__03.jpg
ま、でも「第2弾」という大それた感じではなく、自分1人で出来る事を着々とやっていこうかなと。

その一つとして、写真作品をたくさん残すってのがあるです。
初期にやっていた就活写真に近いものがあるけど、それよりはもっと本格的に作品撮りをしようと。

その第1弾を先週軽くやってみました。
今回アップしているのは、その一部。

カメラマンは、三浦祐介さん。

彼は『Wiz/out』のスチール撮影の時のカメラマンで、フリーのプロカメラマンとして活躍しています。
これからもガンガンいろんなテイストの作品を撮っていくので、お楽しみに。


テーマは『休日の午後』


pro__04.jpg

pro__05.jpg



2006年2月23日 16:17 | コメント(5) | トラックバック(0)



  いよいよネット配信スタート!!

00034_.jpgいよいよ明日から配信スタートです!

ヒューマントラストシネマ『えらやっちゃヨイ!


今日はマスコミ試写があったんだけど、オーディションのため途中退場しちゃって全部は見れなかったので、私も1作品ずつちゃんと見ます。

視聴者の投票が重要なので、みんな、投票してねー。

作品賞はもちろんですが、主演女優賞とか言う賞もあるみたいなので、そのへん狙っていきたいなと。は。

よろしくー。

(写真は、共演者の岡優美子さん)
いいキャラしてて大好きです(笑)



2006年2月21日 23:53 | コメント(8) | トラックバック(1)



  マイペース=マイリズム

00019__.jpgふう。

ここ数日間、福岡から母リンコが上京しておりまして、それに加えてまだ不安定なネット環境に加え、明石監督のワークショップも重なり、いくつかの重要な映画のオーディションが重なり…そんなにいろいろ短期間で重ならんでもいいやん!って感じで、少々バタバタしておりました。

ただ単に忙しいのは全然平気なのに、そこに
「母リンコ」
という私の今の日常にない存在が一つ加わる事で、こんなにも生活リズムやら時間の感覚やらがずれるもんなんだな、と実感。

実家に帰った時は、「実家にいる」という環境の中での生活や時間の流れ方があるので、それに合わせればいい。

でも、東京での生活の中に、リンコがいることで出てくる「実家にいるときの私」が少しだけ顔を出し、でも日常は相変わらずあるわけで、仕事モードと実家モードの切り替えがややこしく、とても混乱していたというかなんというか…。

良くも悪くもまず顔が緩んで、気分も緩んで、でも数時間後にある自己アピールのために完全に気を抜く事もできないという中途半端な状態。

家族に見せている顔は、友達や恋人に見せているのとはまた違う緩み方をした顔なんだろうなあ。

ま、そんなことはいいとして。

何だかボーッとしてしまう気分を何とか戻さなければ。

明日からまた忙しいみたいだし。

気合いだーーー!



2006年2月20日 13:01 | コメント(1) | トラックバック(0)



  ひたすらポカリスレット

00017.jpg風邪なんかひいている場合じゃないのに、昨日から風邪っぽい症状が…。

昔から風邪のときはひたすらポカリを飲んでひたすら寝てたら大体治った。
ので、ポカリを飲んでひたすら寝ることにします。

薬に頼りたくなあ…ん?黒木瞳?ま、いいや。

でも、そんな私の体調なんて関係なく、さっきドラマの仕事が決まったという連絡が社長から。

おー、久しぶりにテレビだー。

風邪なんか引いている場合じゃないね。ふう。

そいえば、小さい頃、ポカリスウェットのことを「ポカリスレット」と言ってたなあ。

どうでもいいけど。



2006年2月16日 15:13 | コメント(2) | トラックバック(0)



  アース製薬 『花咲きポット』CMオンエア中!

s4901080625113.jpg先月韓国で撮影をしたCMが今オンエア中です。


アース製薬『花咲きポット』

韓国での撮影は、いろいろと考えさせられる事があって、本当に良い経験になりました。
監督さんを始め、スタッフの方達がほとんど韓国人の方達で、ちょうど1年前に韓国で就活女優の撮影をしたときの事を思い出しました。


その時も、みんなほんとに私によくしてくれて、韓国語や日本語を教えあったり、日本と韓国の撮影の仕方の違いとか、ヘアメイクの違いとかを話したりして。

今回のCMのヘアメイクさんは、昔日本に留学していた事があった方で日本語が上手だったので、スタッフの言っている事を日本語で教えてもらったり。

海外での撮影は、またいつもと違った楽しさがあるので大好き!


まだCM見てないんだけど、可愛く映っている事を願います…。



2006年2月14日 11:38 | コメント(2) | トラックバック(0)



  バレンタインデー

val_01.jpgデパ地下が女の戦場と化している…

死ぬかと思った…



2006年2月14日 11:27 | コメント(1) | トラックバック(0)



  ワークショップに参加してみる

久しぶりに外部のワークショップを受ける事にした。
昨日がその初日でした。

講師は明石知幸監督。
全部で5回あって、6月にクランクイン予定の長編映画の台本を題材に行われる。

もし役に合う人がいれば起用してもらえるかもしれないチャンスがある。

映画監督のワークショップはたくさんあるけれど、今回のように仕事に繋がる可能性のあるワークショップがもっともっと増えれば良いのになって思う今日この頃。

監督にとっても役者にとっても、良い作品を作る上で一緒に芝居やら撮り方やらイメージやらを作り上げられるってのは良い事だと思う。

たった一日だけの付き合いってのもそれはそれでありだけど、数日間一緒に何かを共有する事で生まれるものもあるはずだから。

そして何よりチャンスが増えるもんね。
無名だけど素敵な役者はいっぱいいるし、彼らが頑張ってチャンスをゲットできるようになると、邦画はもっと面白くなるんじゃないかな。

今回私が挑戦したいことは、自然体は自然体でも、求められているキャラクターになりきった上の自然体がどこまでできるのか、ということ。

明石監督は、昨日のワークショプの最後に、
「力を抜いてできるだけ自然体でいれるような感じの芝居を考えてほしい」とおっしゃっていたので、まさに私の思惑とシンクロする部分が大いにあるなと。

少々前のめりで。頑張ります。



2006年2月13日 12:40 | コメント(0) | トラックバック(0)



  出遅れたが取り戻します

ここのところ、いろんな人に会っていろんな話を聞くんだ。
本来ならエネルギーをもらうところなんだが、なぜか夜になる頃にはヘトヘトモヘジ。

昨日も角川の某ベテランプロデューサーにお会いして、いろいろと心に響くお話をしていただいた。
その中で一番心に残っている2言がこれ。


「まずは自分の弱点を知りなさい。そうすれば、それを克服しようとする力が自然と働いて、良い方向に向いていくから」

「自分は絶対大丈夫なんだって、自信を忘れちゃダメだよ。役者の仕事は特別なんだからね。」
だった。

ふー。

その後、大阪DADADADANという太鼓集団の舞台を見に、新宿シアターアップルへ。


開演前に、随分前からお世話になっているNHKの大森さんと久しぶりの再会。

そこで、角川のお偉いさんに言われた事を話すと、
「まーその弱点を探すのに10年はかかるからなー。」

そうなんだ…。そんなにかからないとわからないものなんだ…。

で、その舞台後、みんなで飲みにいったところで、FCCのプロデューサー中都留さんに言われたのが
「27歳まではとにかくがむしゃらにやったほうがいい。たくさん勉強しなさい。」

で。

原田、改めて目標を定める事にしました。

とりあえず、ここ1ヶ月の目標、半年の目標、1年の目標、27歳までの目標、もっと先までの目標…。

日々その目標は変化するだろうけど、とりあえず目標を立てる事はとても重要。

2006年はもう2月に入っているけど、改めて2006年をどういう風に過ごすかと言うのをちゃんと考えることにするです。

でも、一つだけはっきりしている事は…

今年こそ舞台をやりたい!!!



2006年2月11日 10:52 | コメント(6) | トラックバック(0)



  気分屋さん

ちょっと気持ち悪いけど。

うちのネットの調子が、私の気分とシンクロしているようす。

昨日と一昨日とその前あたりは、一日全くネットが繋がらない状態だったのに、さっき家に帰ってきた瞬間に、
「プチ」と音をたてて、いきなり繋がるようになった。

ここ数日プロバイダーと何度もやり取りをして調べてもらったら、どうやらうちの電話線からNTTに繋がっている間の回線に何か問題があるかもしれない、ということを今日の昼間聞いたところだった。

電話線に問題があるなんて、こちらではどうしようもない。

もういい加減解約しようかなとついさっきまで思っていたのに。

こんなに不安定だったら、とても不便だし。

でも、たまに(まさに今がそう)「プチ」と音をたてて繋がる。
今まで繋がっていなかったのが嘘のように。

そんなネットに振り回されながら、何となく解約できない私。

めんどくさいというのもあるけど、何となく私の気分とシンクロしているような気がして、もう少し付き合ってみようかなと思っている。

自分の嫌なところは、なかなか克服できないもんだ。

ある程度付き合っていくしかないのかなと思うけど。

いつになったら安定するのやら。

めんどくさ。



2006年2月 8日 23:00 | コメント(2) | トラックバック(0)



  歌手という可能性

si_02.jpgとあるオーディションの帰り、今度映画化される小説を探しに本屋へ。

無事本をゲットし、店を出たら、突然後ろから「すみません」と声をかけられる。

上京してすぐの頃なんかは、表参道や渋谷で声をかけられたら、これがスカウトかーなんてウキウキしたもんだが、今となっては相手が何者か見た目で何となく判断できるようになってきたというのもあるけど、過度の期待は全くしなくなった。
むしろ、警戒心丸出しのものすごく感じの悪い人になる。

でも、不思議と最近は、それと同時に「何か縁があるかもしれない。」とも思うようになった。

一種の運命のようなもの。

今日声をかけられた人は、芸能事務所ではなく、音楽事務所の人だった。

「歌とか興味ないですか?」

不思議な事に、ここ最近「歌を出したらけっこういけるかもね」的な事を、数人の業界関係者に言われていた。

しかも、うちの事務所の社長ロマンスグレイは、守護霊が見える人に占ってもらった時に、
「原田さんは歌を歌えばけっこう良いでしょうと言われた。」というのを、半年くらい前に聞いていた。

その時は「へーそうなんだー」くらいにしか思っていなかったけれど、ここ最近立て続けにそういうことがあるので、何だか本当に歌を出すのもありなのかも、とか思ったりしている。

でも、歌は高校3年間毎日部活で発生練習をしていたくらいで、本格的にボイストレーニングをやったこともないし、カラオケに行けば大抵「うまいね」と言われるけれど(かるく自慢)、プロのうまさに比べたらちゃんちゃらシロウトだし、楽器はピアノが少し弾けるくらいだし、何とも中途半端っちゃー中途半端だ。

現実そんなに甘くない。

ただ、なぜ今日このタイミングで彼に声をかけられたのだろう。

なぜ、最近歌を出す事が良いのではないかという話題が多いのだろう。

「流れ」というものがあるというのはこういうことなのだろうか、とか思ってみる。

中学生の頃から書き記している詩のようなものは、捨てられずにずっと本棚の奥にしまい込んでいる。
最近はここに書き記しているもの以外にも、とても感情的な詩をこっそり書いていたりもする。

それが歌になるってのも悪くない。

なーんてね。

何も始まっていないのだけど、そういう妄想に浸りつつ、映画化される小説を読むのでした。

可能性は無限だ。



2006年2月 7日 19:51 | コメント(4) | トラックバック(0)



  もうすぐ完成

m_01.jpg今日は、『えらやっちゃヨイ!』のアフレコのため、四谷のスタジオへ。

編集はほぼ終わっていたんだけど、音がもう少しだということで、全部見せてくれなかった…。

海上監督「ちゃんと出来上がったものを見てほしいから、まだね。」

でも、出来を聞くと、監督的にはかなり気に入っているということで、とりあえず一安心。

しかも、アフレコの部分だけ見た感じでは、想像していたのよりだいぶかわいらしい感じに仕上がっているみたいで嬉しい。

あーはやく見たいなあ。

配信はもう少しなので、もうちょい待っててね。

m_02.jpg久しぶりに会った彼氏役の小林君は、年明けにフランス旅行したらしく、私もパリに行ったときの話をして盛り上がる。

しかも、3月にフランスの映画祭に招待されて、タダでフランス行くらしい。
(仕事が入ったら無理らしいけど)
チョー羨ましい!

どこの映画祭だよ!そんなお金あるのは!私なんかほとんど自腹だよ!ちっ。

あー、またフランス行きたいな…。

おっと、話がずれましたが、『えらやっちゃヨイ!』ブログもあるので、そちらのほうも是非チェックしてみてね。

ってか自分がしてないのでします。すんません…

写真はアップしました。



2006年2月 5日 16:00 | コメント(4) | トラックバック(0)



  長いのが好き?短いのが好き?

hai.jpg気づいたら…

けっこう髪が伸びていた。

き、切りたい…ききき、切りたい…

どうしてもいつもこれ以上のばせない…

我慢できなくなるんだよね…

ばっさりいきたくなるんだよね…

でも、我慢だ…切っちゃダメだ…



2006年2月 3日 23:40 | コメント(14) | トラックバック(0)



  勉強三昧自分形成

prj.jpg勉強が楽しい。

まずは、映画をひたすら見ること。
映画館に足を運ぶのはもちろんだけど、
やっと設置できたプロジェクターで、時間がある時は家でDVDを見まくっている。

昔一度見た映画を今もう一度見ることによって、見えてくるものがあって。
昔はわからなかったことがわかったり、感動した場面が違ったり、芝居の着眼点が違ったり。

前の事務所のプロフィールに、好きな映画『パッチ・アダムス』と『アルマゲドン』と書いていた私。
今となっては笑い話だけど、ちょっと恥ずかしい。

その二つが今の私にどういう風に見えるのか。
近々見ます。
楽しみ。

そして韓国語。

最近の映画のオーディションで、韓国語を話せるかどうかをよく聞かれる。
挨拶に毛が生えたくらいなので、もっと普通に話せるようになりたくて、密かに勉強中。
せめて何を言っているのかがわかるくらいにはならないと。
韓国人の監督達、JIWONやJONG KWAN、JING SUNGともコミュニケーションできたら素敵だし。

彼らは元気かな…。久しぶりにメールをしよう。

そして、体のことを知ること。

去年、映画の役作りのためバレーボールや阿波踊りをした時、体を動かすことで気分がすっきりしてとても健やかだったので、ちゃんとジムにでも通おう、と思っていて、やっと昨日から通い始めた。

やはり。
とても気持ちがいい。
冷えていた足先までポカポカする。
代謝が良くなっているのがわかる。
続けよう。

精神的に不安定になりがちな私にとっては、何かにひたすら取り組むことで救われる部分はとても多い。

ま、役者という職業の人は、少なからず不安定なのかな。

信じれるもの、確固たるものがあれば、全然何とかなる。

ガンバロウ。



2006年2月 2日 11:57 | コメント(2) | トラックバック(0)



  さて、どうしましょか…

木下ほうかさんに新年会に誘われ、久しぶりにそういう場に参加してみる。

飲み会と言えば、ほぼ100%ほうかさんからの誘いで、業界関係者ばかり。
来ている人もかぶってくるので、何回か参加すると知った顔がちらほら。

昔アクターズクリニックで一緒にレッスンをしていた広澤草ちゃんに何年かぶりに再会し、ひとしきり盛り上がる。


そして、数人のプロデューサーや映画監督に自己紹介をしたところ、
「あ、君知ってるよ!」と言われる。

篠原哲雄監督から私の名前を聞いていて、就活女優のフライヤーを見ていたらしい。

「原田佳奈という女優がいるんだ。」と。
その時は、こちらのスケジュールが合わなくてダメだったらしいが、私のことを話していてくれた何て!
嬉しい!

その他にも私のことを知っている人がいて、なにげに知られていることを実感。
最近CMにも出ているので、それで顔と名前が一致する人も多かったようで、何だか不思議な気分。

就活女優やってなかったら、こんなことなかったんだよなー。
就活女優、ありがとう。
次に繋げていきたいね、ハラカナ。

そして、今日も相変わらず「24歳です」というと、「えーーーーーーーー見えなーい」といろんな人に連発される。

最近少しは年相応に見られてきたかなと思い込んでいたのに、ほんとに思い込みだったらしい。

「肌が若い。10代だもんね」

ありがとう。これをキープしたいと思います。

帰り道、「これからどうしようかなー」と何となく考えていた。
そろそろ、なにかしら動き始めなければいけないのか…ハラカナ…。



2006年1月31日 23:13 | コメント(5) | トラックバック(0)



  『私一人』

hitori.jpgついに出た。

女優、大竹しのぶさんの自伝本『私一人


速攻購入。速攻読破。

女優としてだけじゃなく、1人の女として、今の私に勇気と自信を与えてくれる一冊だった。

「自分の素直な気持ちを大切にしよう」

 そう思えた。



2006年1月30日 17:31 | コメント(4) | トラックバック(0)



  始まりはiBook

mac.jpg私のiBookちゃんがいきなりうんともすんとも言わなくなり、慌ててアップルストアへ。

お店のお兄さんが
「おまじないをかけたら、たまに直るんですよ」と、おまじないをかけてくれた。

ら、直った。

「濃い顔して可愛いこと言う人だなー」と思っていると、親切にもおまじないの仕方を教えてくれた。

濃い顔の親切なお兄さん、おりがとう。

データが全部吹っ飛んだらどうしようとか思っていたよ。

良かった良かった。

いやはや、今となってはこのiBookちゃんがなくなったらとても困る。

もうこのiBookちゃんを購入して、はや2年。

ちょうど2年前の2月の頭に買ったんだ。

就活女優の始まりは、まずiBookを購入する事からだった。

産まれて始めての大きな買い物だった。現金払いだった。

映像を取り込んで編集したり、写真を取り込んだり、ブログを更新したり。

いちおそれまでWindowsを使っていたけれど、なんてMacはシンプルで使いやすいんだろうと思ったっけか。

大事にしよ。

これからもよろしく、iBookちゃん?



2006年1月27日 23:29 | コメント(8) | トラックバック(0)



  体が資本です

私はマッサージが大好きです。

もともと凝り性なのと、新陳代謝がよくなることとかリラックスできることとか単純に気持ちいいこととかで、よくマッサージに行くです。

今日行ったところは、インド式全身オイルマッサージで、わりとハードなマッサージで、まさに「痛気持ちいい」という感じ。

しかも、体重、体脂肪率だけでなく、内臓脂肪やら骨量まで計ってもらって、自分がどういう体質なのかをいろいろと分析。

健康マニアなこともあり、自分の体質に関してはすごく興味ありなので、エステのお姉さんにいろいろ教えてもらう。

私の体は、もともと筋肉質なので(スポーツ選手みたいな体だねとよく言われる)、運動をすればするほど代謝が上がり、痩せやすい体質になるらしい。
もともと筋肉がちゃんとついているので、脂肪を燃焼しやすいらしいさね。
代謝が上がれば冷えにくいし。
大事なのは、体内の循環を良くすること。

役者は体が資本なので、食事を気をつけるだけじゃなく、運動もしていこうかなと思う今日この頃。
運動すると、不思議と心まで健やかになるので、精神的にもとてもヨイ。
頭がグルグルするときは、体を動かすべし。



2006年1月25日 21:39 | コメント(4) | トラックバック(0)



  どうなるライブドア

…逮捕だなんて。

展開のはやさにビックリ。

「社長が容疑者に」か。

さまざまな議論がなされているけれど、何が真実なのやら。



2006年1月23日 21:26 | コメント(3) | トラックバック(0)



  本来あるべき姿

jh_01.jpg自分の性格とか本質的なこととかってのは、自分よりもむしろ自分の身近な人の方がよく把握していたりするもので。

ここ最近、昔からの友達と喋ることが多くて、自分が男性的か女性的かみたいな話になって。

まあ、女なんだから女性的な部分は少なからずあるんだけど、私はここ数年は、「意外と私って女性的なんだなあ」と思うことが多くて。

つまり、自分はもともととても男性的というか男っぽい性格なんだと思っていたし、身近な人は誰しもがそう思っていたわけだ。

「カナはサバサバしていて男っぽい」とね。

で、ここ数年で「意外と私って女性的なんだ」と思い知って以来、男:女=1:9くらいの割合だと思っていたんだけど、また最近、「やはり私は根本的に男なのかもしれない」と思うようになっていて。

まあ誰しもが「男性的(父性的)な部分」と「女性的(母性的)な部分」そのどちらも持ち合わせているだろうから、「どちらか一方」ってことはないんだけど。

周りの環境や相手によっても、その割合というのは変化するだろうし。

でも、「本来の心地よい割合」というのはやっぱあって、私はどちらかと言えば男性的な部分が多いんだなーと、友達と話していて思ったというわけ。

幼稚園の頃の自分の性格(親から聞いたエピソードなどから察する)からしてもそう。
周りがどう思うかとか関係ない、自分が良いか悪いかの基準で物事を考えて、必要ないと思えばあっさり切り捨てるところとか。
全くもって女々しくない。根に持たないところとかね。

えっと、話があちこち飛びますが…
つまり言いたい事はね、自分のことを「私ってこうなんだー」とか決めつけるのは良くないなと思ったの。
決めつける事によって、思考回路が狭まるというか。
本来あるべき姿というかニュートラルな状態でいかにいれるかが重要だなと。

「こうあってほしい」と誰かに求められていることで、それが自分でも「そうあるべきなんだ」と思い込んでしまったりすることもあるし。

でもそれは決して悪いことではないし、そうやって誰かに求められる事が喜びだという人もいるだろうし、本当にそれでいい人もいるし。

うーん…何が言いたいんだろうか。

自分らしくありたいってことかな…? ふむー。


…「らしく」がまた難しいんだよなあ…

うるさいね私。ドロン。



2006年1月22日 20:01 | コメント(6) | トラックバック(1)



  アラバマで見た綿花に似ている

snow.jpg東京でこんなに雪が積もるなんてめずらしいね。

家の前で何度も滑って転びそうになったよ…あぶないあぶない。

今日PV撮影の衣装合わせがあって、荷物が多かったので家の近くまで車で迎えにきてもらったんだが、途中で車がスリップしてさ、まあほんのちょっとなんだけど、地味なスリルを味わいました。

でも、少しの気のゆるみから、大事故になったりするので怖いよね。

死ぬなら事故死だけは逃れたい。



2006年1月21日 20:09 | コメント(3) | トラックバック(0)



  「過去はもう終わってしまった。大事なのはつまり…現在だ」

jim-.jpgジム・ジャームッシュ監督作品『BROKEN FLOWERS』を試写会で鑑賞。

一体どういう人生を歩んでくれば、ああいう脱力感が出せるんだろう…
もしかして私ってファザコン!?って思ってしまったほど、ビル・マーレイに母性本能をくすぐられまくる。

何も面白い事をしていないのに、彼の微妙な表情や台詞の間が笑いを誘う絶妙な映画だったなあ。

もっと見たかったけれど、あっという間に終わってしまった。
観客にいろんなことを想像させる映画で、私はとても好きだった。

その他のそうそうたる女優陣もそれぞれとても魅力的で、こういう芝居を出来るようになるまでまだまだいろんな人生を歩まないといけないだろうなと思う。

その人がどんな人生を歩んできたかが、もろににじみ出てしまう。

「過去はもう終わってしまった。大事なのはつまり…現在だ」

そうなるためには、今どういうことを考えて、どう動くのか。
何を大事にするのか、何を目指すのか。

あまりマイペースになり過ぎず、でもあくまで「らしく」、今を大事にしたいなとつくづく思った。



2006年1月19日 23:03 | コメント(3) | トラックバック(0)



  『えらやっちゃヨイ!』クランクアップ

eraen.jpg去年クランクインした『えらやっちゃヨイ!』が、今日やっとクランクアップした。

徳島に行ったり阿波踊りの練習をしたりに加えて、その間に年を越したり韓国でのCM撮影があったりで、間が空いたのもあってか、15分のショートフィルムにしては、けっこうボリュームのある作品だったような気がする。

昨日、一番の見せ場の阿波踊りのシーンを撮ったんだけど…どうか今までの特訓の成果が出ていますように。
ちゃんと笑顔で踊れていたとは思うけど。

しかし、この作品が一体どのくらいの人達に見られる事になるんだろう。

徳島県の県庁の方達と、徳島のうずき連の方達と、高円寺のひょっとこ連の方達と、その他この作品に関わった人達は、間違いなく見ると思うけれど(笑)

誰かさんが言っていたように、作品は見られてなんぼだからなあ。

いくら自分として良い作品が出来たとしても、それを見てもらわない事には何にもならない。

この作品が、1人でも多くの人の目に触れたらいいなと思います。

そして、「面白い」とか「つまんない」とか「ハラカナが良い」とか「ハラカナがブス」とか、何でもいいので感想聞けたらもっと良いなと。

2月の後半からかな?ネット配信されますので、是非見てください。

って、私もまだどんな仕上がりになるか全然わかんないんだけども。

それにしても、私はやはり晴れ女なんだなあ。

今朝もきれいな朝日が出てくれたのね。
富士山もばっちり見えたし。
高速から見下ろす早朝の都心は、なかなか気持ちがよいものでした。

しかし寝起きの顔だ…



2006年1月15日 15:48 | コメント(8) | トラックバック(0)



  ドキドキする邦画が見たいです

いつだったけなあ…
いつも仲良くさせていただいている役者さん、木下ほうかさんと話していた時に、
「大ヒットしている邦画くらいは映画館で見とかなやろー」と突っ込まれて以来、見たいかどうかは置いといて、半分強制的に見るようになった。

興行成績ランキング10位以内に入っている邦画。

今、どういう邦画がヒットしているのか。
どういう役者が出ていて、どんな芝居をしているのか。
自分だったら、どんな役がやりたいのか。

で、久しぶりに行ってきたよ、映画館。
昨日今日と、続けて話題作2本鑑賞。

でも…何を見たかは言わない方がいいね。

なぜなら、あまり良くなかったから。

ケチをつけたいわけじゃなくて、本当に失望してしまうから、それをいちいちここに書きたくはない。
映画評論家ではないし、好き嫌いあるし…。
もちろん良い部分もあるわけだけど。それだけ書くのもなんかねえ…

ま、でも思ったのは、お客さんが見たいか見たくないか、そういう次元ではなくて、もっと別の次元でいろんなことが動いているんだろうなあってこと。

そんなことよりも、ジム・ジャームッシュ監督、ビル・マーレイ主演の『ブロークン・フラワーズ』の試写会のはがきをもらった!

これ超見たかったの。
ラッキー。
2005年のカンヌでグランプリとったやつね。
しかも私的には、協賛アニエスベーってのも気になる。

こちらは、今年のゴールデンウィーク全国ロードショー。

一足先に見てきます。グフ。



2006年1月13日 22:22 | コメント(7) | トラックバック(0)



  男に生まれるはずだったらしい。

kr_01.jpg昨日からCMの撮影のため韓国に行ってました。

つまり、昨日は徳島から羽田経由でソウルへ。
前日は遅くまで撮影があったので、ほとんど寝れず。

何のCMかはまだ言えないけれど、そのCMの監督が韓国人の方だったこととか、他にももろもろ諸事情で、韓国での撮影になったみたい。

ま、撮影時のエピソードは、オンエアになってから書く事にして。

で。
この撮影で、いろいろと考えさせられることがあって。
というか、私の役者として生きていくための永遠のテーマかもしれないことを、改めて考えさせられる撮影だったというか。

うーん、何て説明したらいいやら。こういう時、ここにどれだけのことを書けばいいのか、そのバランスが難しい。

いろんな人がいて、いろんなことを言われる中で、一度それらの言葉を自分の中に入れて自分で消化しなくちゃいけなくて。

全部は聞けないし、やっぱ自分で選択していくしかないからね。

kr_02.jpgだから、私はいつもどんな時も、人が私に言ってくれることはなるべく耳を傾けるようにしている。

それが自分にとって都合の悪い事でも、できれば聞きたくない言葉でもね。

そうしている中でわかってきたことがあって。
それは
究極的にみんな同じ事を言っているということ。

つまり逆を言えば、それをクリアできれば私はけっこう無敵かもしれない、ということ。
無敵というか、なんと言うか…言葉が見つからないけど。

でも、それをクリアするにはまだまだまだまだ時間がかかるし、簡単にはクリアできない大きな壁なの。

きっと長い間私は悪戦苦闘しなければいけない。

そんなことを考えさせられた韓国CM撮影でした。

なんか抽象的でわかりにくいね。ふう。ま、もう少し落ち着いたらまた書く。かも。

ま、とりあえず、全身垢擦りとオイルマッサージでツルツルになったし、守護霊も見てもらったし、いろいろ収穫の多い2日間でした。

守護霊のことは、また書く。かも。



2006年1月10日 23:14 | コメント(2) | トラックバック(0)



  徳島はとてもとても寒い

全然関係ないけど。

藤田陽子ちゃんが、野田秀樹さんと結婚してたなんて。

こちら


25歳年上とはね。すげー。

あの落ち着きは、そこから来ていたのか。

またしても全然関係ないけど。
一昨日、いきなり親友から電話。

「私、結婚するわ」

おめでとーーーーーーー!!!
よかったねーーーーーーーーーー!!

いやはや。周りがやたらと結婚とかするような年になったのね。ふ。

幸せになってね。

徳島のホテルから愛を込めて。



2006年1月 7日 23:00 | コメント(6) | トラックバック(0)



  新年早々

今日から徳島で撮影です。

それがさ、今年初仕事だと言うのに、いろいろとヘマをやらかしているの…。
忘れ物したりとか。はあ。
ボーッとしてるのかな。何だかいつもの調子が出ない…。

羽田空港に向かう電車の中で、「人はどうして無い物ねだりするんだろー」とかボーッと考え事してるから忘れ物に気づかないのよ。バカバカバカー。

「無い物ねだり」

なんでそうなこと考えてたんだっけ…。

仕事が毎日毎日超忙しくて、ゆっくりする暇も考える暇もないほどになって、そんなんで大切な毎日が抹消されたら、どんなに仕事にやりがいを感じていたとしてもきっと耐えられないだろうな、とか。でも、毎日仕事なくて暇で暇で仕方なかったら、どんなに忙しくてもいいから仕事したいって思うんだろうな、とか。結婚していく友達を見て、私も結婚したいなーとか思うけど、実際結婚して自分の時間とかなくなったりしたらきっとそれはそれでなんか思うだろうし、とか。今私が抱えている不満とか不安とかは、結局手に入れていないものだからであって、手に入っちゃえばまた別のものが欲しくなるんだろうな、とか。結局満足なんかできないんだ、とかとか。

そんなことを早朝5時の電車の中でボーッと考えていたから、海外旅行で命の次に大事なものを忘れたりするのよ。バカ。

どうなったら私は満足なんだ?

…はあ。ま、でもいつもこの日記に助けられてるわ。
ここで吐き出す事で、少しは気持ちが楽になるから。

「こんなことばっか言っててもしょうがないから、やるべ。」と思える。

撮影に影響しないように、気持ちを切り替えなくちゃ。

「切り替わらない」のではない。自分で無理矢理切り替えるのです。よ。ね。

ワッシャー!



2006年1月 6日 17:51 | コメント(4) | トラックバック(0)



  明けましておめでとうございます!!

akeome.jpgあっというまに2006年。

母リンコが若い頃に着ていた着物がたくさんタンスの中に眠っているので、毎年お正月はリンコの着物を着ることにしている。
こんなに可愛いのに着ないなんてもったいない!

で、今年はこんなん着てみました。

どだろ。

今年もみなさん、どうぞ応援ヨロシクお願いします!



2006年1月 1日 13:39 | コメント(8) | トラックバック(0)



最新情報  最新情報はこちらから


『アリア』DVD発売記念コラム


『アリア』DVD予約受付中
アリア
アリア
『ヘイジャパ!』DVD発売中
アリア
アリア
『就活女優』DVD発売中